パンチはチカラいっぱい打っても倒れない。

この前、ユーチューブでK-1の武尊選手と皇治選手

試合を見ていた。

武尊は、完全にKOのチャンスがあった。

底は、意地で耐える皇治選手でしたが、

武尊選手はKOするために

チカラいっぱいパンチを打っていた。

しかし、そのパンチには切れを感じなかった。

思いっきりパンチを打ち過ぎて、

KOできなかった。

KOを狙い焦り過ぎて、スピードが無くなり的確に

パンチがヒットしない。

前に行くだけではなくて、一度バックステップして

タイミングをずらして打てば

KOできていたように思う。

パンチ力も強くメンタルも強いボクサー井上尚弥

井上尚弥のパンチ力は凄い!スパーリングパートナーを務めたフェザー級のセルバニア選手はいう。「パンチはライト級だ」と。

4階級上のパンチ力を持つ井上尚弥。

体のバランス、パンチをよける技術、フットワーク、カウンター、タイミングすべてが超一流なんです。

こんなボクサーを今迄見たことがないですよね。

そして、一番凄いと思うのがメンタル面の強さですよね。

試合前もいつも淡々としていて自信がみなぎっている。

そして冷静に相手を見て、パンチを合わせていく。

試合前の顔を見てもなんの気負いもない顔をしている。

ビッグマウスもないし、とにかく余裕で勝つ準備をしている。

今のK-1とかでは選手同士の、ののしり合いが目立つ。

会見では挑発しては、喧嘩するという場面がよく見られる。

あれってみっともないですね。

試合を盛り上げようとしているとは思いますが、しょーもないですよね。

弱いもの同士が喧嘩しているみたいでイヤです。

井上選手は相手を挑発することもなく、挑発されたとしても乗らないでしょ。

カッとしないメンタルの強さや、試合で実力を発揮できるメンタルの強さ。

あの若さで、強いメンタルをもっている井上尚弥は驚異のボクサーだ。

 

ロマチェンコが、2度ダウンを奪い大差の判定勝ち

ロマチェンコがライト級統一戦で2度ダウンを奪い大差の判定で勝った。

試合を見てみたけど、やっぱりかっこいいし上手いボクシングをする。

対戦相手のペドラザは、何もできない状態だった。

肩の手術から7ケ月ぶりに復帰したロマチェンコだが大丈夫なようだ。

いつものようによくサイドに動き、細かいパンチを多く出す。

なんといっても、手数が凄い!

相手に手を出させないくらい、パンチを繰り出すロマチェンコ。

これがロマチェンコの武器なんだ。

そして、パンチをもらわないのである。

防御技術の凄さと、攻撃力、パンチの的確さ。

どれをとっても、完璧ですね。

ロマチェンコや、井上尚弥のようなボクシングができるボクサーは

階級を上げても、大丈夫ですね。

しかし、ロマゴンのようなパワーで勝負するボクサーは階級を上げるとパワー負けしてしまいますね。

井上尚弥とロマチェンコが階級が合えば、いつか戦う日がくるのか?

楽しみですね。

防御もしっかり練習しておきましょう。

プロテストを受ける前にも攻撃だけではなくて防御もしっかり練習してほしい。

攻撃力だけで戦う場合は、よほど相手との差が必要になってくる。

ただの、どつき合いに勝っただけでプロボクサーになってもプロの試合では勝てない。

防御があってこその、ボクシングだ。

僕の若い頃のジムでは、防御を一切教わらないままにプロテストを受けたので

打たれまくり不合格になってしまった。

防御が上手いと、あまり打たれることがなくなるので選手生命が長くなる。

どつきあいで勝負してしまうと、パンチドランカーになってしまうこともある。

バンタム級チャンピオンの井上尚弥は子供の頃から、防御をしっかり教わったようだ。

だから、試合では殆ど打たれることはない。

防御がしっかりできているからこその攻撃力なのだ。

ボクサーの皆さんも、防御をしっかり練習してほしいものですね。

村田諒太が復帰!

村田諒太復帰の記事を読んだ。

引退かと思われたが、もう1度やると決意したようだ。

しかしながら、今のままのボクシングでは世界ミドル級のベルトは難しいと感じる。

前回のような、スピードがあり多彩なパンチを打つボクサーに勝つには、今の村田選手では勝てないのかも知れない。

ガードを固めて、ただワンツーを打っていては相手にはパンチは当たらない。

絶対に読まれてしまう。

もっと、もっと相手を研究して勝つ方法を考えて闘うべきではないかと思う。

勝ちパターンを想像できたら、後はイメージして反復練習あるのみだ。

しかし、ゴロフキンという目標を失った今、何を目標に戦うのか?

清水聡は来年世界へ

アマチュアでオリンピック銅メダリスト清水聡が来年は

世界へ行くようだ。

清水選手の試合を見ていると、手打ちのように見えるが

意外と相手が効いていてKOしている。

特にスピードがあるわけでもなく、パワーも感じられない。

体を立てたまま、チョコチョコとパンチを当てている感じだ。

しかし、相手を倒している。

じっくり試合を見ていると、タイミングよくパンチを当てている。

そして、意外とパンチが重いのかとも感じる。

フワフワと手打ちのパンチを打っている中で、相手が出てきたら

一発だけ、強いパンチを打っていることがわかる。

パンチの強弱が清水選手の強みのように感じる。

今回上原選手との無敗対決にも勝ち。

来年はフェザー級で世界を狙いにいくようだ。

大橋ジムから、またまた世界チャンピオンが生まれるか

楽しみですね。

井上尚弥とネリが戦うとどうなる?

WBSSで井上選手が優勝した後、ひょっとしたらネリとの戦いがあるかもしれない。

そこで、井上VSネリの試合予想をしてみました。

ネリといえば、体重超過とかドーピングで有名な悪いボクサーである。

しかし、強いのは確かだ。

パンチは、殆どがフック気味でパンチを振り回してくる感じ。

以前の試合でダウンを奪われている。

この試合も、右、左のフックで相手をロープに追い込んでいたけど

相手の右ストレートをアゴにもらいダウンを喫している。

あのパンチが井上選手のパンチなら一発で沈んでいるだろう。

ネリのパンチの打ち方の場合は、井上選手のカウンターのエジキになるはずや。

アゴがらあきのフックなんやから、カウンター打ちやすいですね。

スピードもあまりないので、井上選手にはパンチは当たらないでしょう。

井上選手の前半KOは間違いないと思いますね。

パンチ力、スピード、メンタルすべてが井上選手が上回っている。

それよりも、階級の壁を超えてロマチェンコとの試合を見てみたいですね。

皆さんも、そう思うでしょ。

パンチが強くなるにはどうすればいい?

ボクサーならパンチを強くしたいというのは誰もが思う事。

しかし、パンチ力ってどうやって鍛えればいいのかわからない。

ただ筋トレをすればいいっていうものでもない。

まずは、パンチの打ち方一つ一つの基礎を確認してみましょう。

肩の入れ方や腰の入れ方、足の回し方や使い方は上手くできているか?

この確認からしてみて下さい。

前にも話しましたが、自分の距離を知ることも大事です。

そして、フィジカルを鍛えること。

元チャンピオンの内山さんは、ボート漕ぎや自転車こぎでフィジカルを鍛えていた。

そして、井上尚弥選手はロープ登りと車押しで筋力を鍛えている。

上半身も下半身も強いのである。

下半身強化には相撲を練習に取り入れるのがいいですね。

貴景勝が優勝したのを見て思いついたのですが相撲部屋に訪問して

相撲取りと、押し合いするのも効果的ではないでしょうか?

僕の場合は、腕立て伏せを毎日500回と懸垂を100回継続してやっていました。

腹筋も500回やっていました。

鉄アレイなどは、重いものを使わずに2キロくらいの鉄アレイでシャドーボクシングしてパンチ力をつけていました。

バーベルなどはジムになかったので、殆どしていませんでした。

これだけでも、かなりのパンチ力がつきました。

あなたも、パンチ力をつけたいと思うならフィジカルを鍛えることです。

僕のように、まずは腕立て伏せや懸垂などから始めれば簡単です。

毎日怠らずにやる事が一番大事ですよ。

継続、継続です。

井上尚弥のパンチ力の凄さ!その破壊力!

さっき、井上尚弥選手のパンチ力の話の記事を読んでいました。

この記事では、井上選手とスパーリングしたことのある

元世界チャンピオンの話が掲載されていた。

その元世界王者は、こんなことを言っていた。

「井上尚弥のパンチは、野球で例えると投手が150キロの球を投げると予測していたら、200キロの球だった」と例を出して話していた。

今まで戦った相手の中で一番強いとまで言っていた。

左も右も予想できないくらいパンチが強くて恐怖を感じたと言っている。

世界戦でも、凄いと思わせた試合はナルバエスとの試合だった。

プロ、アマ通じて一度もダウンしたことがないというナルバエスを

いとも簡単に2RでKOしてしまった。

1Rで奪ったダウンは、ガードの上から打って倒している。

あれは衝撃的でしたね。

試合後に、相手のセコンドから「グローブに何か入っているんではないか?」とクレームが来たくらいの破壊力だった。

そして、マクドネルやパヤノも1RでKOしてしまう。

予想もできない井上選手のパンチには恐怖を感じますね。

相手の選手も、自分が思っている何倍ものパンチが飛んでくるので

余計に効いてしまうんでしょうね。

それに、相手に見えない速さでパンチが飛んでくるので不意打ちを食らったような感覚になり、効くんですね。

次のロドリゲスは、何回までもつのか?

また、けた違いのパンチの破壊力を見せてほしいですね。

ボクシングは、倒すコツを覚えれば倒すことができる。

ボクシングでKOすることは難しいが、一度KOする感覚をつかめれば簡単にKOが増える。

相手を倒すために、パンチを打ちこむ距離、タイミング、打ち方を体に覚えさせておけば何度でも簡単にKOできる。

踏み込みが1ミリでも足らないとKOできないという事実。

思い切って踏み込めずに、パンチがきれいに決まらない。KOできない。

井上尚弥選手がパヤノを倒したときのスピードと踏み込みは凄いですね。

ジャブの速さも凄いけど、つなぎのストレートの速さは凄かった。

タイミング、距離、スピード、パンチ力のすべてが完璧でしたね。

マクドネル戦でも見せた左フックの距離やタイミングもよかったですね。

井上選手は、完全にKOするコツを体に覚え込ませていますね。

その前のバンタム級チャンピオンの長谷川穂積や山中慎介なども

ジャンジャンKOを重ねてきました。

一度KOのやり方を覚えてしまうと、連続でKOできるようになります。

自分の距離をしっかり作る

特に距離というのはKOに欠かせないものです。

強くてKOが多いボクサーは、絶対に自分の距離をもっている。

相手が出てこようとすると、必ず半歩下がり自分の距離を作る。

またまた井上選手を例に出しますと、相手との距離をすごく意識しているのがわかります。

大きくバックステップしてしまうと、相手の距離になってしまう場合があります。

だから、小さくバックステップするんですね。

あの小さなバックステップが相手が攻撃しにくい距離になるのです。

そして、バックステップしながらも、カウンターを打つ姿勢を忘れません。

これは、自分の距離で戦っているから相手にカウンターが決まるんです。

そして、井上選手は相手にはカウンターの取りにくい場所にいつもいます。

今までの試合を見ても井上選手はパンチをもらわないですね。

そして簡単に倒してしまう。

ボクシングを芸術にしてしまった井上選手の強さは凄いとしか言いようがない。

またまた今日も結局井上選手の話になりましたが……

僕自身も、45歳の時にジムに復活した時に練習生の若い子とスパーリングしましたが、すべてがうまくいき簡単にKOできる感じでした。

しかし、相手はスパーリングでバンバン打ってきますが僕はトレーナー経験があるという事で、ジムの会長から「君はマスボクシングでやってや」といわれたので思いっきり打つ事は出来なかったけど、余裕でいつでもKOできましたね。

ジャブだけは、顔面に軽く当てましたけど当たり過ぎるので加減しました。

こうやって自分の距離や、タイミングをつかめばKOは簡単にできますよ。