アルバイト不足が深刻や。

アルバイトが不足してしまい、自分一人で営業しないといけない日がある。

ほんまに大変な状況である。

そやけど、これを乗り越えていかんとあかんのです。

10月初めにはアルバイト募集を出すので、これで来ないと

年末から来年が人手不足で大変なことになってしまう。

お客さんも、思うように入れることができないので困る。

今まででも、なんどもアルバイト募集媒体に広告を出したけど

1人も応募がないということが多い。

働く人がなかなかいないものなんですね。

時給を上げて掲載しても、そう簡単には来ないのが現実です。

来年は、まことやのアルバイト学生さんも卒業してしまうので大変やなぁ

今回の、アルバイトの募集で真面目でいい子がたくさん

来てくれることを期待している。

12月の忘年会シーズンに人手不足になってしまったらあかん。

そして、まことやでアルバイトしてくれたら、お店のことをちゃんと考えて

行動してくれる人を育てないといけない。

そのためには自分も、もっといろいろな意味で成長しないといけないのである。

自分が成長して、スタッフたちも成長させていく。

これが自分に課せられた今後の課題やな。

それにしても、スタッフが揃わないと自分がやりたい仕事が

少しも前に進まないので困る。

今回の募集は、今年の終わりから来年に向けて大きく飛躍するために

本当に一番大事な募集なんです。

 

 



メニュー作りに困っているあなたにおすすめのプログラム
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント

やきとりを焼いている動画撮ってみました。

最近、やきとりを焼いている動画をユーチューブにアップしました。

ここでは、せせりと鶏ハラミを焼いています。

かなりの強火で焼いていますので火がよく出ますが

上手く火を避けながら焼いています。

 



メニュー作りに困っているあなたにおすすめのプログラム
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント

まことやは、昨日は1人で営業した。

昨日は、どうしてもアルバイトがいなくて1人で営業をした。

長く飲食店をしていると、たまにこんなことはあるもの。

しかし、1人でやるには工夫が必要になってくる。

普通に21席のお店を1人ではできない。

まずは、座敷は閉鎖して前日までにご予約されたお客さんだけで営業した。

ご予約は、3名様が2組だった。

1人でやるなら、6名様くらいが限界だ。

でないと、焼き鳥に集中できないからだ。

6名のうちの1組の3名様のお客さんが帰り、今日は終了か……と思いきや

その後、帰っていったその3名様のお客さんが外で知り合いの方に会い

まことやのことを話したようで、ご新規の4名様が入ってきた。

その後、常連さんが2名様入ってきて、終わったら洗い場が大量!

疲れた~~

阪急電車の最終も逃してしもうた。

最後トイレで、鏡見たらいつになく髪の毛が減っているように感じた!



メニュー作りに困っているあなたにおすすめのプログラム
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント

結婚記念日は9月7日

9月7日は、僕たち夫婦の結婚記念日。

結婚して、32年。

いろいろあったなぁ~

それにしても、嫁さんはよくガマンしたなぁ

そんな感じかな

まぁいろいろあったけど

なんとか、2人とも生きている。

生きていれば何でもできる。

これからが、ほんまの人生やな。

あと20年は頑張らんとあかんな。



メニュー作りに困っているあなたにおすすめのプログラム
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント

人件費の高騰、食材の高騰、人員不足をどう乗り切る…

今年10月にはアルバイトの最低賃金が上がる。

食材も値上がりしていく。

おまけに人員まで不足している。

飲食店は、どんどん苦しい状況に追い込まれることだろう。

しかし、これを乗り切ることができないとあかんのです。

この対策としては、メニューの絞り込みと

労働生産性のアップや。

メニューを極力減らし、無駄なメニューを省く。

そして、スタッフ1人1人の能力をアップすること。

少人数でも、回せるようにしないといけないのである。

社員を雇うにしても、かなり本気の人しか雇えないですね。

本気と言いますと、ただ働いているというだけの人ではなく

真剣にお店のことを考えて、お店に貢献してくれる人でないといけない。

「週休2日でないと働けない」とか、「1日8時間しか働けない」

仕込みが忙しくても平気で休憩しているような社員はいらないのである。

そんな社員を抱えると、お店は時間とお金の無駄になるのである。

スタッフの能力をアップするとなると、自然と厳しくなる。

厳しくなれば、やめてしまうことは多くなる。

しかし、厳しくてもそこに残る人達は有能な人財になる。

そして、いい会社になっていくのであります。

まことやをいいお店、いい会社にしていくには

自分も経営者として能力アップして、スタッフ全員の能力もアップするしかないのである。

9月になり、かなりお客さんが増えてきている。

しかし、人員不足という事態が起こっている。

ここをどう乗り切るのか?

 



メニュー作りに困っているあなたにおすすめのプログラム
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント

チラシ作り

まことやのチラシを公開します。

鶏仙人(前田誠二)が作った「まことや」チラシです。

非常にシンプルで、綺麗ではないけど僕の感情がしっかりと

組み込まれていていいと感じませんか?

僕のお店では、すべてが手書きです。

手書きというのは人の心を動かしやすいのです。

下手くそな字ですが……反応はいい感じです。

あなたも、一度書いてみて下さい。

筆文字っていいですよ。



メニュー作りに困っているあなたにおすすめのプログラム
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント

最低賃金が10月から936円になる!

またまた、アルバイトの最低賃金が上がる。

どないなってんねんっていう感じやな。

これ決めてんのは厚生労働省か……

日本の景気を良くしようという対策らしいが

上手くいっていないのは確かやな。

アルバイトの時給が上がれば、経営者はなんとか人件費を

抑えようとするのは当たり前や。

そうすると、一日のスタッフを減らして労働生産性を上げようとする。

人を減らし、メニューを減らしサービスは悪くなってしまう。

悪循環になるばかりである。

しかし、お店のサービスが悪くならないように、アルバイト一人一人の

能力をアップしていかないといけないが、厳しくし過ぎると

すぐにやめてしまうのである。

こうやってアルバイトの最低賃金が上がるたびに企業は苦しむ。

アルバイトの最低賃金は上がるが、社員の給料は上がらないと

ぼやく人も多いのではないか……

社員の給料を時給換算すると、きっと500円~600円くらいだろう。

社員として働くよりは、アルバイトで働いた方が稼げるということで

社員になろうという人は少なくなる。

単純に考えるとこうなる。

これで利益を上げようと思うなら当然メニューの値上げをしたり

料理に工夫が必要になってくるのである。

そうしないと、お店は潰れてしまう。

おまけにいずれは消費税まで上がる。

その税金は、あまり有効には使われていないように思うのは自分だけなのか?

世の中のやり方は、間違ってるんやないかと思っても

中小企業の経営者が、日本を変えることはできないのである。

それに合わせて対策を立てて、生き残りをかけて経営していかなあかんのです。

飲食店経営者の皆さん、弱音を吐かずに真剣に工夫して

楽しく頑張っていきましょう。

 



メニュー作りに困っているあなたにおすすめのプログラム
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント

チラシの力でお店復活!

お店が暇になってしまったときに、あなたならどうしますか?

お店でじっとお客さんを待ちますか?

待っているだけでは、絶対にお客さんは来ませんよ。

待っているだけで、苦しむなんていうのはダメですね。

どうにかしないといけません。

そんな時に活躍するのがチラシなんです。

「えっ!今更チラシ?」なんて思われるかもしれません。

今はネットがあるからネット集客すればいいんじゃないか。

そう思う人は少ないくないでしょう。

しかし、ネットで集客しようと思っても検索上位にくるとは限りません。

あなたのホームページにお金をかけても、それを見て

お店に来てくれる人は少数です。

そこで、まずは何に力をいれるべきなのか?

それはズバリ、チラシ集客なんです。

チラシの力というのは、かなり大きいです。

しかし、チラシでお客さんを呼び込むにはチラシに魅力がないといけない。

だけど、いったい魅力のあるチラシというのは、どんなチラシなのでしょうか?

綺麗な写真が入ったチラシ?いいキャッチコピー?

確かに、それも必要かもしれない。

一番大事なのは、個性なんです。

自分のお店の個性、魅力ををチラシ一枚で出すことです。

そこで、僕が一番意識しているのは、自分の似顔絵なんです。

チラシの中に自分の似顔絵を入れて、見た人に安心感をもってもらう。

そして、自分の思いを自分の言葉で書いてみる。

僕は基本的にチラシにお金をかけず、白い紙に手書きで書きます。

手書きというのは、人の感情に触れやすいんですね。

自分の字で、自分の感情を入れて字を書くことで人の感情を揺さぶる。

これがチラシで人を呼ぶポイントなんです。

その中に、少しだけお店の売りの料理の割引券を忍ばせておくだけでいいんです。

大きな割引をしてしまうと、ただ割引目当てのお客さんが集まり

その後のリピーターには、なりにくいんです。

チラシを見て、お店の魅力を感じて来店されたお客さんは、

リピーターになりやすいんです。

チラシに派手な宣伝文句を入れたり、誇大広告と思えるようなキャッチを入れたりする人もいるでしょうけど、お店に来てみたら「あれっ?違うじゃないの?」

なんて思うお客さんも多いんではないかと思います。

僕もそんな経験はあります。

お店を探していて、チラシを見たら綺麗な外観で料理もおいしそうな写真。

このお店に行ってみようかと行ってみたが、期待外れだった。

そんな経験ありませんでしたか?

だから、僕はチラシを必要以上にお店の自慢したり、写真も掲載しない。

ただ、言葉で自分の思いを伝えているだけです。

そして、必ず手書きで色は黒一色の筆文字だけです。

2色は使いたいのですが、色を使うとコピー代が高くなるので

黒一色にしている。

そして、地味にしておいた方が新聞折り込みをした時に

逆に目立ちやすいメリットがある。

綺麗なチラシの中に、手書きの地味なチラシがあれば目が行き、手にとってもらいやすい。

だから、わざとそうしているのである。

もし、あなたのお店が暇になってしまったら、チラシを自分で書いてみませんか?

チラシについての質問などがあれば相談して下さい。

 



メニュー作りに困っているあなたにおすすめのプログラム
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント

焼き鳥学校以外にボクシング学校もやってみたいな。

現在自分は、まことや運営しながら焼き鳥学校をやっている。

脱サラから焼き鳥屋開業したいという人のために。

そして、もう一つやりたいことがある。

時間を作ってボクシング学校なんかもやってみたい。

プロボクサーを育てるんではなくて、ボクシングの基礎を

3か月教えて、プロになりたい人をジムに送り込むということをやりたい。

焼き鳥とボクシングが大好きなんです。

ボクサーの減量にもいい鶏料理なども考えてみたりしています。

焼き鳥とボクシングとダイエットは切り離せないものがある。

焼き鳥学校とボクシング学校、そして

ダイエットのことも、もっと研究してボクサーの減量にも

役に立てたいと考えたりもしている。

 



メニュー作りに困っているあなたにおすすめのプログラム
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント

9月から焼き台を1つ増やしてアルバイトの子に焼き方教えます。

今までは、まことやでは自分一人で焼き鳥を焼いてきました。

 

しかし、串焼きを増やした現在では一人では焼くスピードが遅れてしまう。

ということで、早く誰かに教えないといけない。

そして、これから新店のオープンなども考えていかないといけないし

僕は、焼き鳥開業技術アドバイザーやコンサルタントの仕事にも

集中しないといけないのであります。

そこで、最近は女子大学生の子に焼き場を教えている。

その子は焼おにぎりを焼けるようになりました。

できることからコツコツとやっています。

その女の子は、人見知りな感じだけど、芯がつよくて

一生懸命やる子なので期待している。

現在は、就活中で来年は卒業なので教えても仕方がないと

思うかもしれない。

しかし、こうすることで何かが変わってくるはずやと思う。

他のアルバイトの人も変わり、自分も変わっていく。

そして、まことやはさらなる発展が待っていると感じる。

たとえアルバイトといえどもいい焼き師に育てたいと思っている。

 



メニュー作りに困っているあなたにおすすめのプログラム
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント