焼き鳥歴30年やけど焼き鳥に愛情がなくなったら終わり

焼き鳥暦は、今年で30年目になるけど、まだまだ修行のつもりで焼いている。

お客さんからは、美味しいとほめられるけど、

そんなことで調子にのったらあかん。

僕自身は、「経験なんかよりも愛情を失ったらあかん」

そう言う思いで日々精進している。

よそのお店と比べる気は、さらさらないですが

僕が、他の焼き鳥屋さんに勝っていると思うのは

焼き鳥の旨さ、技術などよりも愛情やと思っている。

料理は「心」料理は「愛情」この一言に尽きる。

この土台がなくなると、たちまちお客さんは離れていく。

お客さんが離れていけば、お店は潰れる。

恐怖ですね。

料理も愛情、接客も愛情です。

愛情があるからこそ、お客さんから「焼き鳥が美味しい」と

言われるのです。

決して焼き鳥歴30年と、ふんぞり返らない。

昨日よりも、「旨い焼き鳥」今日よりも「旨い焼き鳥」

その気持ちが一番大事や。

手を抜けば終了してしまう。

だから、自分の体調を万全にして焼き台の前に向かう。

そして、毎日緊張して集中して焼き場に立つ。

「焼き鳥歴30年」よりも「愛情暦30年」

そんな気持ちで毎日焼いているんです。

僕よりもベテランの焼き師はたくさんいるはずです。

そんな焼き師の人よりも、美味しい焼き鳥を焼くには

どれだけ串の1本1本に愛情をかけるかなんです。

僕も、まだまだ今の自分に満足はしていません。

満足してしまえば、終わると感じています。

すべてにおいて、日々進化していきたい。

そして、世界のまことやと言われるくらいのお店になりたいね。

 

◆◆◆集客に役立つマニュアル販売◆◆◆
九州の釜めし屋前田展明が繁盛させた集客法とは…!?


◆◆◆どんな商売しようかとお悩みの人へ◆◆◆
独立・開業・起業をお考えの方に! 無料!簡単!
資料請求はBMフランチャイズ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です