昨日から焼き鳥修行の人が来ました。

昨日は焼き鳥修行の人が、串打ちを始めました。

焼き鳥修行初日は、小さなことも細かく指導。

横で「ジッ」と見ながら、いろいろ確認していました。

少し緊張していたように感じましたが、最初にしっかりと

基礎を教えておかないと、あとあと困りますからね。

真っ白な状態からの研修なので、非常に素直で謙虚です。

串打ちも、初めての割にはスムーズに進みました。

7月初旬のオープンは、決まっているので

スピードをつけて教えていかないといけません。

スピードつけながらも、きっちりと教えていかなあかんな。

4月は串打ちの修行、そして5月は焼きの修行

6月は実際に店舗に入いる。

6月は、仕込みから営業終了までの流れを経験してもらう。

こうやって3か月の修行で独立する。

これから、3か月どのように成長していくのか

ほんまに楽しみや。

人がお店を開業するのは、自分のお店を持つくらい嬉しいものです。

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

中小企業診断士の勉強がだんだん難しくなってきた。

現在も地道に中小企業診断士の勉強をしているわけですが

なかなか難しくなってきました。

そこは、復習することで理解できている。

ほんまに覚えることが多くて大変やな

そやけど、なんとか3年間頑張って資格取らなあかんな。

厳しいことやとは思うけど、持ち前の粘り強さで合格せなあかん。

学生時代は、勉強嫌いやった自分やけど、今は勉強が非常に好きや。

こんな自分が中小企業診断士のような資格に合格したら

みんなの自信につながるんやないかと思います。

どんなことでもやればできるという強い気持ちで何でもやるつもりや。

今年は1年間で(電子書籍)も仕上ないといけないし、やることはいっぱいやけど

すべて、やってみせようと思っている。

やればできるんです。やろうと思わんかったら何にもできへん。

みんなも、何にでもチャレンジしてみて下さい。

不可能はないはずやで。

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

他のお店とは競争しない。

高槻には、飲食店がたくさんあります。

大手チェーン店も、個人店も非常に多い。

高槻で、成功すればどこでも商売をやっていけると言われるくらい

高槻は飲食店の激戦区や。

そして焼き鳥屋も、ほんまに多いんです。

そんな中で、他の焼き鳥屋さんと競争してしまう店主も多いと思う。

「うちの店よりも、食べログではあの店が上や」とか

「あの店は、美味しいとお客さんが言ってた」

そんなことを異常に気にする店主は多い。

そやけど、そんなことを気にしてても仕方がない。

そんなことを意識しても、自分のお店はよくならないですよ。

他のお店などは、どうでもいい。

自分のお店をよくすることに力を注ぐことが大事や。

料理にしても、接客にしてもです。

料理、接客は表面上のマニュアルだけではあかんのです。

いつも言うように、すべてが大事や。

これから先も、外食産業は厳しくなっていくことでしょう。

今年は、さらに生き残りをかけることになる。

そんな時に、競争しているようではあかん。

まずは、自分のお店を客観的に見て、基本的なことを

見直して実践していくこと。

そして、お客さんが喜んでくれることを先回りして考えて

行動を起こすことですね。

毎日の地道な努力を怠らず、そんな中で新メニュー開発したり

イベント販促活動をしたり、チラシで集客したり

POP,メニュー作成の勉強をするのも大事やな。

競争するよりも、自分のお店をよくすることに集中してみよう。

それが、これから生き残り発展させるには一番大事です。

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

還暦からが自分の人生や

自分も11月で57歳になったわけやけど、あと3年も経てば60歳

還暦になるな。

還暦なんて想像もつかない世界やった。

自分は40歳でガンを患い、人生は終わったと感じていた。

しかし、今でも生きている。

そやから、人生を大事にして生きることができるんや。

40歳で人生がリセットされてゼロになり生まれたばかりの赤ちゃんや。

その計算でいくと、60歳になった時はまだ20歳ということになる。

青春時代やな。

まだまだ20歳やから若い。

あと3年で成人式やから行っとかなあかんわ。

そんな感じやな。

自分の人生は、60歳からやという気持ちで頑張らんとあかん。

現在は、中小企業診断士の勉強して60歳で資格を取ると決めている。

そして、60歳からコンサルタントをビジネスとしてやっていくと決めている。

今は、そのための勉強の時期。

現在57歳やけど、40歳のガンで人生リセットしたから17歳やな。

まだまだ高校生や。

若い若い!

60歳からが、社会へのスタートやと思っている。

最近は、前髪も伸ばして頑張っている。

60歳になったら、今の産毛がボウボウに生えているなんていうことないかな…

なんちゅうアホなこと言うてる場合やない。

今年もあと、1週間くらいで終わる。

宴会予約もたっぷり入ってるからパワーださんとあかんで。

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

焼き鳥(飲食店)の安売りは禁物!適性な値段を知ろう。

飲食店経営していると、お店が暇になると色々考えてしまう。

そんな中で店主が一番先に考えるのは、商品の値段です。

自分のお店は高いのではないか?

よそのチェーン店は、かなり安いからみんなはそっちに行くので

自分のお店も安くしよう。

なんて思ってしまう店主が多くいると思います。

今では高槻でも、均一のお店も多くあり、時間無制限で飲み放題なんていう

お店も多くある。

個人店がそんなことで勝負していたらお店は潰れてしまいますよ。

商売は、仕入れに対して適性な値段をもらわないとあきません。

仕入れたものを、そのまま売るわけではないのです。

お店側が、なんらかの手を加えてお客さんに提供するのです。

その中には、手間もかかっているし、技術も必要や。

そして、焼き鳥屋なら炭代もかかる。

煮物するにも、ガス代もかかる。

いろいろなコストがかかっているんです。

儲けるために、多大な料金をもらおうなんて考えなくてもいい。

ただ、その商品に見合った値段を付けるべきや。

これから、お店を開業しようという人は、値付けが難しいことでしょう。

値段というのは、仕入れから算出してしまうと面白くないのである。

原価率がすべて30%ばかりの商品では、お客さん的も楽しくないメニューになる。

値段のつけ方として、店主がいくらで売りたいかを考える方が先やな。

その値段にするために、どないしたらええのかを考えることや。

ここで、基本的な値段のつけ方を紹介します。

まず、自分のお店の客単価は、どれくらしたいのか考えて下さい。

例として、あなたが客単価3,000円のお店にしたいと考えたとしましょう。

それなら、どんな風な値段のつけ方をすればいいのか?

まずは串物から値段を付けていきましょう。

客単価3,000円の場合は、3,000円÷20と計算します。

すると、あなたのお店の串の中心価格帯がきまります。

中心価格帯は1本150円ということになります。

ここで、すべて一串150円にしろというわけではない。

中心価格帯が150円になればいい。

中心価格帯といえば、お客さんがパッと見て認識できる価格帯のこと。

150円という串物が多いと感じればお客さんは、

「このお店はだいたい1人3,000円くらいかな?」と考える。

一品料理の場合は、3,000円÷6となり、500円くらいが中心価格帯になる。

こうやって、メニュー一つ一つの値段をつけて自分が考えている客単価に近くすることです。

その中に原価率が50%くらいのお得感のあるメニューや原価率の低いメニューなどを組み合わせていくとお客さんから見ても楽しいメニューになります。

激安の衝動買いメニューなどもいれて、注文を促すことも大事ですよ。

このように、値段を付けていき儲けをだしていきましょう。

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

飲食店の誹謗中傷してお店を閉店に追い込んだ市議…

今日、とくだねで見たニュース

SNSなどで、飲食店の誹謗中傷した市議の話が非常に腹が立つ。

誹謗中傷された飲食店は、お客さんが半減して

閉店へと追い込まれてしまった。

この市議は30万円の罰金らしいが、軽いな。

市議の立場、それは市民の味方でなければあかんはずやのに

市民を苦しめて人生まで狂わせてしまった。

同じ飲食店をしている自分としては、ほんまに腹が立ちくやしいな。

こんな軽はずみなことはやめてくれ。

そう思います。

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

焼き鳥の串を2000本串打ちして売るお店

この前ユーチューブの動画で見ていた焼き鳥屋さん

もう一度探して見ようかと思ったのですが

なかなか動画が見つかりませんので動画紹介は出来ませんが、

この焼き鳥屋さんは、たしか…お持ち帰りのお店だったよう思います。

このお店の大将は、1日2000本を絶対に売ると決めているらしい。

2000本串打ちを毎日1人でやり、焼き、そして売る。

すべて1人でやっている人がいる。

すごい!と思いましたね。

2000本1人で串打ちしようと思ったら、ほんまに大変やで。

串打ちの様子を見てみると、めちゃめちゃ速いんです。

凄い人がおるもんやと驚きました!

皆さんも、一度ユーチューブで探してみて下さい。

僕も、たまたま見た動画やったので屋号は覚えていない。

探してみたけど、残念ながらなかなか見つからない……

俺も、また探してみよ

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

繁盛店について、考えてしまう。

昨日は夫婦で、北海料理のお店に行った。

先週の7日は結婚記念日だったので1週間遅れで食事に行った。

広いお店でしたが、僕ら2人と、4人の家族だけだった。

ピーク時なのに厳しいですね。

こんなお店をみると、何故こうなっているのか?

自分だったら、どうやって繁盛店にしていくのか考えてしまう。

たまたま暇だったのかも知れないが、それにしてもお客さんが少なすぎると感じた。

僕が思うには、このお店をネットで調べてみると、北海食材を使用しているし

かにやエビという高級な食材も使っている。

これは高級なお店なんだろうと思っていた。

しかし、行ってみると普通の居酒屋という感じだった。

調理の職人さんという感じの人もいないので、「んっ」と思いました。

高級だと思ったのが、普通だったという「悪いギャップ」がある。

料理も、普通の料理が多くて、こだわりが見られない。

かにの刺身は、やはり冷凍なので水っぽく感じられた。

僕が思うには、このお店が繁盛するために、まずはメニューを減らして

もう少し、食材にこだわりを持つことが大切だと感じた。

特に、カニやエビや刺身類には、とことんこだわることだ。

思い切って、もっと高級路線に移行する方がもっと良くなると感じた。

僕は仕事上、こうやってお店を見ていくことが自分の感覚を磨くことやと思うのでいつも、こうやって評価するようにしている。

悪いところばかり、見るのではなくて「こうすればよくなる」という部分を

徹底的に観察している。

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

感謝という言葉を大切に

僕は、この時期になると思いだす。
自分がガンになった頃を…
そう、16年前の11月15日に福島にお店をオープンする予定やった。
しかし、ガンのために11月に入院してお店をあきらめた。
あの時は悔しかった。
そやけど、周りの人のおかげで、こうやって1軒のお店を運営できている。
だから、みんなに感謝することを忘れない。
予約されたお客さんのメーッセージカードにも必ず「感謝」という言葉を書いている。
感謝を忘れてもうたら、もう終わりやな、と思って生きている。
みなさんも感謝という言葉忘れずに人生を歩いていきましょう。
◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

繁盛店は、テクニックだけでは作れない。

暇なお店を脱却して、自分のお店を繁盛させたい。
たくさんの方が、そう思っていることでしょう。
繁盛させるには、いろんなテクニック?を駆使してやる人がいます。
コンサルタントの方たちも、いろんなテクニックを教えてくれたりします。
しかし、テクニックなんていらない。
小手先のテクニックだけでは、お店は繁盛しないんです。
基本を忠実に、真面目にコツコツやっているお店こそが
これから先も繁盛し続けて長く生き残ることでしょうね。
なかなかお店が繁盛しないと困っているなら自分のお店を客観的に見て
悪い部分は改善し、いい部分を伸ばすことです。
そして、日々真面目にコツコツやることしかないのです。
前田塾卒業生の方々も、これからも真面目にコツコツ頑張って下さい。
◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!