年齢のギャップを埋めるには真剣さしかない。

現在、僕のお店では若いアルバイトの子が多い。

僕との年齢差は、35歳~40歳くらいある。

そんな若い子達と話が合うはずがないのである。

しかし、遠慮して仕事を教えているとお店が良くならないし

その子達の成長にも関わる。

若い子は若い子の考え方があるかもしれない。

しかし、僕らは真剣に若い子達と接していかないといけないのある。

叱るときは叱って教育していかないとあかんのです。

時に、無断欠勤してそのまま来なくなった子もいたりします。

そんな子でも平気で給料だけはもらいにきたりもします。

常識がない子がたまにいます。

それでも、正しいことは何なのかをしっかり教えていかなあかん。

歳の差で、何も教育できないと、すべてがメチャクチャになる。

これから、いいお店作り、いい人間創りをしていく。

大切ですね。

まことやは昨日は、18時30分の予約のお客さんで満席に‼

まことやは、18時30分にお客さんの予約がかたまり

短時間で焼き鳥串が売り切れてしまった。

アルバイトの人も、昨日はベテランアルバイトがいなくて

髪の毛抜けるくらい忙しかった。

いや~大変でした。

しかし、アルバイトの子たちもよく頑張ってくれました。

料理提供も遅くなり、お客さんには迷惑かけてしまったことと思います。

それにしても、今日はバテたな……

 

高槻ではお店が去り、また新しいお店ができる繰り返しやな

最近は、高槻ではお店の撤退が目立つ

そして新たにお店を開業するのも目立つ

高槻の近辺を歩いていると、まことやの近くに2件も

お店を開業し始めている。

高槻のメインの通りにも、いつのまにか新しいお店ができている。

これだけ、お店が増えると商売って厳しくなりますね。

安いだけのお店は消えていく。

安いだけでは、お店は成り立たないんですね。

そこで、大事なのがお店の個性です。

個性のないお店は、どんどん苦しくなっていってしまいます。

僕たち焼き鳥屋も、焼き鳥屋だけが競合店ではないのです。

高槻にあるすべてのお店が競合店なんです。

油断はできない。

地道の中に、個性を生かしたお店作りが大事だ。

日々変化、そして楽しめるお店作りを心がけないといけないのである。

高槻には、まことやに偵察にくる経営者も多い。

そんな中で、まことやのメニューを自分のお店のメニューとして

マネするお店も出てくるのです。

それも、まことやよりも安い値段で提供するお店があったりもします。

しかし、安売り戦争に巻き込まれたらお店は終わりです。

適性価格を守り、個性的で、いいお店を作る。

これからの時代、飲食業で生き残るには難しい時代になってくる。

生き残り、発展させるための方法を考えていこう。

経営者は、汗水たらして働くのもいいが

頭を使い、考えて頭に汗をかきましょう。

 

飲食店を経営したいという若者がアルバイトで入ってきた。

現在18歳になる若い男の子が、5年後に飲食店をやりたいと入ってきた。

今時珍しく、厳しい飲食店の世界に10代から参入しようとしている。

包丁の使い方すら知らないけど、頑張っています。

高校には行っていない子やけど、そんなことは関係ない。

必死で頑張る子を応援したいと思う。

僕自身、学生時代はろくに勉強もしなかったし

焼き鳥屋をやろうと決めたときには、包丁すら握ったことがなかった。

不器用な自分でも、ここまでできるようになった。

飲食業で一生やっていこうと決めたら、やればできるんです。

来年には、新たに修行に来る人もいる。

そんな人たちに、いい人生を送ってもらうために僕という存在がある。

これからも、自分はもっともっと勉強して飲食業をやりたいという人の

手助けをして、みんなが幸せになってほしいと思っている。

焼き鳥学校 前田道場はそのために存在しているのであります。

 

「まことや」にしか無いものを作る。

まことや にしか無いもの、いつも考えている。

些細なことでも、何かあるはずである。

よそのお店でも、まことやに無いものを作り上げているお店はある。

そのお店にしか無いという事が、武器になる。

自分という人や、スタッフも自分のお店にしかいないのである。

だから、僕は1人1人の個性を大切にして教えている。

そして料理に関しても、ここでしか食べられないもの。

提供の仕方や、盛り付け、どこでも食べれない食材など

上げればいくらでもあります。

毎日毎日、頭を柔らかくして考えています。

 

台風24号で30日は、お店を休業。

またまた、大型の台風24号が来る。

明日は、まことやは休業します。

今月は2回も台風のせいで、お店休業に追い込まれた。

前回の21号くらいのパワーがあるらしい。

こればっかりは、防ぎようがない。

若い頃は、台風でも傘さしてお店まで行きお店を開けることも多かったが

最近の台風は予想以上で、本当に危険やな。

地震や、台風と世界中が危険な状態やな……

とにかく、明日の台風には皆さんも気をつけて下さい。

 

アルバイト不足が深刻や。

アルバイトが不足してしまい、自分一人で営業しないといけない日がある。

ほんまに大変な状況である。

そやけど、これを乗り越えていかんとあかんのです。

10月初めにはアルバイト募集を出すので、これで来ないと

年末から来年が人手不足で大変なことになってしまう。

お客さんも、思うように入れることができないので困る。

今まででも、なんどもアルバイト募集媒体に広告を出したけど

1人も応募がないということが多い。

働く人がなかなかいないものなんですね。

時給を上げて掲載しても、そう簡単には来ないのが現実です。

来年は、まことやのアルバイト学生さんも卒業してしまうので大変やなぁ

今回の、アルバイトの募集で真面目でいい子がたくさん

来てくれることを期待している。

12月の忘年会シーズンに人手不足になってしまったらあかん。

そして、まことやでアルバイトしてくれたら、お店のことをちゃんと考えて

行動してくれる人を育てないといけない。

そのためには自分も、もっといろいろな意味で成長しないといけないのである。

自分が成長して、スタッフたちも成長させていく。

これが自分に課せられた今後の課題やな。

それにしても、スタッフが揃わないと自分がやりたい仕事が

少しも前に進まないので困る。

今回の募集は、今年の終わりから来年に向けて大きく飛躍するために

本当に一番大事な募集なんです。

 

 

人件費の高騰、食材の高騰、人員不足をどう乗り切る…

今年10月にはアルバイトの最低賃金が上がる。

食材も値上がりしていく。

おまけに人員まで不足している。

飲食店は、どんどん苦しい状況に追い込まれることだろう。

しかし、これを乗り切ることができないとあかんのです。

この対策としては、メニューの絞り込みと

労働生産性のアップや。

メニューを極力減らし、無駄なメニューを省く。

そして、スタッフ1人1人の能力をアップすること。

少人数でも、回せるようにしないといけないのである。

社員を雇うにしても、かなり本気の人しか雇えないですね。

本気と言いますと、ただ働いているというだけの人ではなく

真剣にお店のことを考えて、お店に貢献してくれる人でないといけない。

「週休2日でないと働けない」とか、「1日8時間しか働けない」

仕込みが忙しくても平気で休憩しているような社員はいらないのである。

そんな社員を抱えると、お店は時間とお金の無駄になるのである。

スタッフの能力をアップするとなると、自然と厳しくなる。

厳しくなれば、やめてしまうことは多くなる。

しかし、厳しくてもそこに残る人達は有能な人財になる。

そして、いい会社になっていくのであります。

まことやをいいお店、いい会社にしていくには

自分も経営者として能力アップして、スタッフ全員の能力もアップするしかないのである。

9月になり、かなりお客さんが増えてきている。

しかし、人員不足という事態が起こっている。

ここをどう乗り切るのか?

 

今日は台風のためにまことやは休業します。

8月23日(木)朝から非常に風が強い。

今日の夕方から、この台風が荒れるようやな。

ということで今日は、まことやはお店休みます。

今まで、台風でお店を休んだことは一度もなかったけど

最近の台風は、異常なほど危険や。

色々悩みましたが、仕入れの関係もあるので

休むことにしました。

電車も早い時間に休止するらしい。

皆さんも台風に気をつけて下さい。

 

 

日々美味しい焼き鳥を食べて頂くために工夫する。

現在31年間、飲食業界におり焼き鳥を焼いている。

しかし、未だに満足していない。

今以上に、美味しく焼けるんではないか?問いかけている。

串の刺し方や、焼き方一つで味が変わる焼き鳥である。

今よりも、さらに美味しく焼ける串の刺し方がないか試したりしています。

まことやでは、今は串焼き専門で営業している。

だから串焼きには、とことんこだわっている。

今日よりも、明日、明日よりもあさっては、もっと美味しく焼きたい。

いつもそんな思いで、焼き場に立っている。

それにしても、「暑い暑すぎる」早く夏が終わらんかなぁ