厳しく面接をしたいと思うが……

スタッフの面接について、いつも考える。

飲食店でアルバイトする場合に笑顔と返事は非常に大切や。

お店のドアを開けた瞬間に、本当は採用か不採用か決まっている。

いや、電話を受けたときに決まっているのである。

電話でハキハキしていない人は、失格なんです。

しかし、一応は面接してみる。

その面接のときに、ドアを開けた瞬間に笑顔がなく、声が小さいと不採用なんです。

これくらい厳しく面接をしたいものですが、人手が不足していると

誰でもいいから、採用しないといけないのである。

つい最近面接に来た女性は、お店の扉を開けたときから笑顔で明るく

ハキハキとあいさつしてきたので、もうここで採用が決まったようなもの。

しかし、それ以前に面接した人達は、「ん……」と思いながら採用した。

結局1人は1日働いてあとは無断欠勤して、どこかに消えた……

そしてもう1人は、採用通知を出したにも関わらずシフト連絡したが

電話に出ずに逃げ回っている。

扉を開けるときに、「あかん」と思った直感は実は当たっていた。

本当は、もっと厳しく面接しないといけないのである。

今度面接する時は、電話で断ることや、扉を開けた瞬間に断るくらい

厳しく人を見ていかなあかんと思うな。

しかし、人手不足でお店がうまく回らないと困る。

難しいところやな。

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

アルバイトの応募が来て採用したけど…

アルバイトの応募が来て採用したけど

その後連絡が無くなってしまったやつがおる。

なんでか知らんけど、電話しても出えへん。

携帯で電話してもあかんし、たまらんわ。

そやけど、昨日たまたまその男から携帯に電話があったので

かけ直したら、電話に出た。

「あっ」と言っていた。

たぶん俺からの電話やとは思わんかったんやろな。

その後「ちょっと待って下さい」といい電話を切られた。

その後は、電話しても電話に出ることはなかった。

なんでこんなええ加減なことするのかわからん。

ほんまに腹立つな。

 

 

 

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

難しい言葉を言われてもわからない自分……

自分は学生の頃、あまり学校の勉強をしていなかったので

アルバイト学生から難しい言葉を言われても、わからん事がある。

そんな時、自分は「わからん何の意味や」という。

学生さんや、サラリーマンの方が知っている言葉でも

飲食店一本でやってきた自分には、わからん言葉も多いのである。

昔やったら、知っている振りをしてその場を流すところやけど

わからんことは、わからんというようになった。

「あほや」と思われてもわからんもんはわからんのである。

そやけど、今どきはインターネットで何でも調べられるので便利やな。

早速、昨日わからんかった言葉を調べてみたら、すぐに意味がわかった。

昔やったら、辞書引いて調べていたことが簡単に調べられる。

いい時代になったもんやな。

今年58歳になるけど、これからも難しい言葉を使う人はたくさん出てくるやろうけど、そのたびに勉強すればええことや。

一生勉強やな。

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

値段が高いお店でもいいではないか。本物を目指せば…

人は、お店が暇だと、ついつい安売りに走ってしまう。

周りには、大手チェーン店がひしめいているので

そこに対抗していかないと勝てないと言ってチェーン店に合わせて

価格競争をしてしまうのである。

そして、個人店は安売りのせいでお店を潰してしまう。

安売りしても、一時はお客さんも集まるであろう。

そやけど、安売り戦争に巻き込まれたらもう終わりや。

それよりも、高い値段のお店にしても本物のお店を目指せばいい。

お客さんはわかってくれるはずや。

「まことや」という屋号は、「本物でありたい」という

思いを込めてつけた屋号や。

日々、進化し本物を目指している。

焼き鳥は、当然本物。

そして、人としても本物を目指している。

これからの時代は、本物が生き残る時代になってくる。

みんなも、本物の店作りを心がけて下さい。

絶対に、最強で最高のお店になっていくはずや。

僕の元から、焼き鳥屋開業した人達も本物目指して

素晴らしいお店にして下さい。

いつも応援しています。

 

 

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

高槻のまことやは、アルバイト募集広告をグルメデバイトで出します。

まことやは、相変わらず人手不足で困っている。

これ以上、現在働いているスタッフに負担がかかるとあかんから

アルバイト募集広告を出すことに決めた。

今、この時期が人が入りやすいと思ったので

来週23日(月曜日)からグルメデバイトでネットで募集することにした。

グルメデバイトはグルメキャリーのアルバイト版という感じですね。

今まで、この媒体が一番相性がいいのと営業の人が良くしてくれるので

ここに決めました。

他にも色々聞いてもらっているけど、なかなか人が集まれへん…

どこも人手不足というのは、よく聞く話やけどね。

5月に人手不足解消しとかな1人で営業せなあかん日が出てくる。

まぁ、1人になってでもカウンターだけでも営業やるしかないかな。

ちょっと疲れ気味やけど、今日も気合入れて行こかな

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

焼鳥修行は順調に進んでいる。

焼き鳥修行の串打ちは、順調に進んでいる。

次週からは、実際に焼き鳥の焼き方を訓練する。

焼き鳥屋では、串打ち一生、焼き一生と言われる。

一瞬一瞬が、ほんまに大切なんです。

少しでも気を抜いたら、すべてが終わる。

お店に入って、最初は美味しい焼き鳥を出していたが

最後に、焦げたものを出してしまったら、もうお店は終わりなんや。

それくらい気を抜けないのである。

一本一本が真剣勝負です。

その気持ちを伝えていきたいと思う。

今修行の方は、あと2か月半くらいでお店の店主になる。

一国一城の主になるんや。

人生は真剣勝負。

死ぬか生きるかである。

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

躊躇するな!思いきっていけ~~

人は、何かを始めるときにどうしても躊躇してしまう。

こうしなければいけないということをわかっていても

先に悪いことが起こるんではないかと躊躇するものです。

最近ある人から、「突き抜けて下さい」と言われた。

突き抜けないと、今の現状は変わらない。

ここで躊躇していては、何も変わらないことは自分が一番よく知っているはず

そう、このブログでこの記事を読んでいるあなたも、きっと

そんな経験があると思います。

しかし、自分がやらないといけないことを怖がってできなかった

そんな時に、あとから後悔が残るだけやったこと忘れていないかということ。

躊躇せずに、なんでも前を向いてやる事は人生で一番大事やな。

今から、あなたも突き抜けた人生を送りませんか?

そうすることで貴方の人生は、かなり変わるはずです。

みんなで、今の殻を突き破り明るい楽しい人生を送りましょう。

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

アルバイトが1日で、消えていった。

今月になって、求人を出していなくてもアルバイトの人が

2人も入ってくれた。

その中の一人の女の子が、出勤2日目でアルバイトに来なかった。

連絡しても電話をとらないし、メールしても無視……

「こんな子やとは思わんかった…」

せっかく人が揃い、スムーズに営業ができると思ったのに…

ほんまに腹立たしいことをするなとイライラした。

またまた、アルバイト探しをせなあかんな

それにしても、腹がたつな

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

昨日から焼き鳥修行の人が来ました。

昨日は焼き鳥修行の人が、串打ちを始めました。

焼き鳥修行初日は、小さなことも細かく指導。

横で「ジッ」と見ながら、いろいろ確認していました。

少し緊張していたように感じましたが、最初にしっかりと

基礎を教えておかないと、あとあと困りますからね。

真っ白な状態からの研修なので、非常に素直で謙虚です。

串打ちも、初めての割にはスムーズに進みました。

7月初旬のオープンは、決まっているので

スピードをつけて教えていかないといけません。

スピードつけながらも、きっちりと教えていかなあかんな。

4月は串打ちの修行、そして5月は焼きの修行

6月は実際に店舗に入いる。

6月は、仕込みから営業終了までの流れを経験してもらう。

こうやって3か月の修行で独立する。

これから、3か月どのように成長していくのか

ほんまに楽しみや。

人がお店を開業するのは、自分のお店を持つくらい嬉しいものです。

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!

人生で一番つらかったことを乗り越える。

みんな、辛いことを乗り越えて人生を歩んでいる。

自分の中で、人生で一番辛いことのお話しをするとすれば

自分がガンになり、ガンが治って社会復帰するまでの事。

この時は非常に辛かった。

その当時は、退院しても飲食店の仕事がなかなか決まらずに悩んだ。

そして、家族の生活を守るためにどんな仕事でもした。

訪問販売、現場の仕事、派遣の仕事、その他色々な仕事をしてきた。

それよりも、もっと辛い事があった。

それは、20年前の妻のガン宣告と余命宣告やった。

人生の中で、あんなに辛いことはなかった。

その妻は、奇跡的に現在も元気で生きていることには非常に感謝している。

あの20年前というのは、ほんまに地獄やったことを思いだす。

そりゃ今でも、辛いことはたくさんあるけど

あの時の辛さに比べたらどうってことはないと感じる。

これからも、仕事やプライベートでも辛いことはたくさん出てくるでしょう。

そやけど、あの20年前を思いだせばどんなことにも耐えられる気がする。

そして、強くなれる。

それにしても、これからはそんな辛い思いはしたくないものですね。

 

 

◆◆◆メニュー作りの基礎を学ぶなら◆◆◆
シロウトでも3日で出来る! 売上を上げるための飲食店メニュー表作り 12のポイント


◆◆◆客単価アップしたいという経営者の方へ◆◆◆
小さな飲食店が、今すぐできる かんたん客単価アップ法33連発!