店長は総合力を鍛えることが大切です。

 今日は、店長をやっていく上で大切なお話をします。
 大きなお店では、店長と料理人が別々で仕事していることが多い。
 だから、店長は料理をすることはないので、料理は覚えることができない。
 しかし、小さなお店では店長は料理も接客、メニュー作りなどもすべて
 お店に関わることをしていかなあきません。
 店長業しかできなかったり、調理しかできないとかいうのは
 絶対ダメです。
 料理人が店長をやるなら、店長として必要なことを身につけないといけないし
 店長なら、料理の知識というのが必要です。
 今の時代で、必要とされる店長というのは総合力を身につけることです。
 料理もある程度できて、知識もあり、なおかつ
 お店の運営もできれば無敵ですよ。
 店長が料理のことを知らないと、料理人を育てられない。
 これは、僕自身が大きなお店も小さなお店も経験して
 やってきたから言えることなんです。
  今、お店を運営してい店長で、
 仕事が片寄っているなら
 総合力を身に付けるための
 勉強をしていきましょう。 

行動すれば何かが見えてくる。

経営者、店長になると自分で仕事を
作っていかんと進歩はできへん。
トップが仕事を作り、前に前に進んでいかんと
誰も仕事を作ってくれへん。
そして、部下の仕事も作られへんよ。
そやから僕は、いつも行動しています。
思いついたら行動しています。
行動したら何かが見えてくるので行動します。
行動することをビビりません。
1度しかない人生です。
皆さんも行動あるのみですよ。

勉強家であること。

僕は、若い頃から非常に不器用です。
人がすぐに覚えられることも
少々時間がかかります。
僕は、学校の勉強はきらいで
殆どしなかったのですが、
飲食店に関する勉強は、真剣に
してきました。
不器用やけど、勉強家なんです。
僕の武器は、ただ勉強家であること。
努力家であること。
どんなことでも、諦めない事。
上手くいかなくても、諦めずに
前向きに勉強して、努力を
続けていけば、必ず上手くいくはずです。
そう信じて、毎日勉強しています。
これからも、毎日毎日勉強です。
自分が不器用やと思っている方も
たくさんいることでしょう。
しかし、負けたらあかんで。
自分に負けたら終わりや。
敵は周りには、おれへんのや
敵は自分自身やで。
勉強して勉強して勉強して
真面目に、素直に生きていこうやないか。

店長の仕事と考え方

店長の仕事は、凄く幅が広いんや。ただ料理ができるだけやったらあかんし、接客がええだけでもあかんのや。総合力をつけなあかんのやで。
店長は、寝てもさめてもお客さんの喜ぶことだけを考えるんや。
ほんでな、朝起きたら、「今日はこんなことしよ」「あんなことしよ」いうて考えるやろ。
ほんで、やること決めたら、お客さんの喜ぶ顔が浮かぶんや。ほんならワクワクしませんか?
ワクワクするやろ?それやがなそれっ!!そのワクワクが大切なんや。
そのワクワクを実行して、お客さんの反応みるのって楽しくないですか?
絶対楽しいはずなんや。今日はケーキ作ってみたからお客さんにサービスしてみよっ
て考えたらやったらよろしいやんか。なんでもやろうや。
今日は仕込みが少ないからいうて、ゆっくりせんと逆にはよお店にいってなんか
楽しいこと考えてみたらどないですか?そんなことを毎日やってるうちにお客さんは
増えてくるんや。お客さんの喜ぶ顔想像するからこそ、心のこもった料理もだせるし
心のこもった接客もできるんや。今やってることに心いれていこうや。

アドバイザーとオーナーの気持ちが1つになると強いお店ができますね。

アドバイザーをやっていて最近思うことは、やはりアドバイザー1人でシャカリキになったところでそう簡単にはお店は繁盛しないということなんや。
アドバイザーのいうことは、基本と経験で言うことが多いので絶対といっていいほど間違いはないのです。これは自信をもっていえるんや。ただ生活もかかっていない店長というのは、
やはり真剣身にかけるんや。
やる気のある店長は、アドバイザーのいうことを参考にして、それ以上のことをやろうとするからお店がようなるんや。
真剣にお店や家族、そしてお客様のこと、そして周囲のすべての人のことを考えて経営しているお店は必ず繁盛しています。
死に物狂いで、人生かけて飲食店やってはる人は必ず成功すると感じてるんやで。
最近、僕がアドバイザーをしているお店の店主は、命がけでお店と家族を守ろうと頑張っています。その心が大切なんやで。小手先だけで商売して繁盛できるような世の中やないんですわ。
僕は今でも、お客様が喜ぶ顔を想像しながら仕事しています。そして店長に提案したりしてるんや。そやけど、本気やない店長は言われたことすらできないでいるんや。
いわれたことをやったとしても、それ以上のことを考えへん店長はあかんのや。
アドバイザーと店長の息がピッタシ会ったときに始めてお店は繁盛するんや。
そう感じたんや。

優秀な店長とは…

優秀な店長っていったいどんな店長なんやろかと考えたときに、言えるのは、まずはお店を
しっかり運営していけるのは当然のことですね。ただ料理ができるだけでもいけませんし、
接客が上手なだけでもあきません。毎日毎日、仕込みやらアルバイトの管理など本当に大変です。
しかし、そんなの当たり前なんや。ほんまに優秀な店長ちゅうのはしっかり会社にお金を残せる店長なんやで。アルバイトの人から好かれようが、お客様から好かれようが結局会社から
見て優秀な店長いうのは、ちゃんとすべての管理ができて会社を大きくすること
できるような店長ができる店長なんや。小さなレベルの低いことで喜んでたらあきません。
そんな甘いもんやないんです。あなたも本当に素晴らしい店長になれるように日々がんばって
下さい。

店長の仕事

店長の仕事ってたくさんあるんやけどな

ほんまに楽しくやれたらええなとおもいますんや。

もうすぐオープンする中百舌鳥の焼鳥屋さんの「つくねバカ一代」では

凄く前向きなオーナーさんが懸命に頑張っています。

本人は、前向きじゃなくて前のめりに生きたいっています。

素晴らしいオーナーさんです。

メニューもほぼ決まりあとは、研修あるのみです。

現在は味の追求に没頭しているところです。

各店のオーナーさんも店長さんも楽しんで商売しようや。

商売って本来楽しいものなんやで

今日も暑いですけど頑張っていきましょう。

店長の仕事は楽しいで。

店長業務ってしんどいと思ってませんか?
「毎日、毎日辛い」ふらふらななんて思ってませんか?
そんなんじゃお店は、繁盛しませんよ。
やっぱりお店の長が楽しまんと繁盛せーへんよ。
そりゃ当たり前の事や。
毎日、マンネリ化したお店に誰がいきたいと
思うんですか?
そやろ、そうなんやお店全体が、楽しんでるから
お客さんも楽しく飲めるんやないか。
店長の仕事は楽しいもんなんや。
楽しんでやろな。

仕事と作業

店長で、よく作業を精一杯頑張って、仕事をしてると
勘違いしている人多く見かけますよね。
毎日、仕込みをして洗い物をして料理を提供して……
「あ~疲れた」なんていう1日を過ごしていませんか?
それやったらあきませんのや。店長ちゅうのは
もっともっとお店を客観的に見ていかなあきませんで。
誰にでもできるような作業をしているようでは
店長としての価値なんかないんやないですか?
1日の営業を振り返って、いろいろな場面を思い起こして下さい。
その場面に、あの時にこうしていれば、あのお客様は
もっと喜んでくれたんやないか…
その料理を、もっとこんな風に提供できれば…
なんていうことを考えるのが店長の仕事なんや。
もう作業だけで満足しているような店長業務はやめて
仕事をしてや。それが繁盛の近道やで。

店長という仕事を教えています。

一言で店長といっても、なかなかなれないものです。
「自分には店長なんできない」「自分には、むいてない」なんて
思っている方でも、大丈夫です。
それは、やり方を知らんだけなんや。
誰でも、やり方さえわかればできるんやで。
人財育成から売上げ管理まで、なんでもできるようになるのです。
ただ、それを教えてくれる人がいないだけなんです。
僕の師は、会ったこともない松下幸之助さんなんや。
そして、自分の周りの人みんなが師なんや。
自分より年下の人でも、自分の師のように思えるようになったんや。
他人って、自分とは違う考え方しよるやろ。
その中には、凄い勉強になることが多いんですわ。
人と接するって素晴らしいことです。
ちょっと話がそれた感じになりましたけど、
店長の仕事に戻しましょう。
店長という職務を任されたら、絶対に責任感がでてきます。
その責任感がまずは、店長としてのスタートになります。
店で起こることすべてが、店長の責任なんです。
接客が悪い、料理がまずい、そのすべてが店長の責任なんです。
まずは、すべての仕事を覚えてください。
トイレ掃除から、店内の清掃、レジの設定、
細かいことすべてを覚えてみることから始めて下さい。
とにかく、お店を可愛がって下さい。お店を愛して下さい。
まずはここからスタートです。