相手の選手を研究すると同時に自分の欠点も研究する。

これは、総合格闘技ライジンの朝倉兄弟の話ですが

この兄弟は、ただ喧嘩が強いだけではない。

相手を、しっかり研究、分析して最後は勝っている。

そして、自分の欠点を知り、そこをつかれないように修正する。

今回の、堀口戦でも朝倉兄弟は2人で堀口選手の試合を見ながら

研究していたのである。

そして、カウンターを決めた。

このカウンターは内山氏が教えた右ストレートだろう。

上から打ち下ろす右ストレートだ。

堀口選手の弱点を知り研究して、決めた試合だった。

朝倉兄弟、恐るべしですね。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



朝倉海が堀口恭二に勝った!

今日は、朝倉海と堀口恭二の対戦があった。

YouTubeで確認してみると、朝倉海が一方的にKOした感じだ。

内山高志氏にボクシングを教わったという朝倉選手。

内山氏によると、最初は「全然ダメ」だったらしい

「あの打ち方でよく倒してきたね」というほど……

パンチは、習ったことが無くて自分の感性で倒してきたようだ。

今回は、内山氏にKOするためのパンチのコツを教わって挑んだ

堀口戦では、1ラウンドからガンガン打って出る朝倉選手。

そこで、堀口が前に出てきた瞬間にカウンターを当てた朝倉

これで、ほぼ勝負は決まっていた。

そこからは、堀口選手は防戦一方。

だいぶん効いていたのであろう、足がもつれていた。

そこに、きれいに打ち下ろしの右ストレートが決まった。

これで、完全に起きあげれなかった堀口選手。

朝倉海も好きやけど、堀口恭二も好きやったから

なんとなく複雑な気持ちになったけど

朝倉兄弟には負けてほしくないですね。

今、ボクシング界では井上尚弥

キックボクシング界では、那須川天心

総合格闘技界では、朝倉兄弟には

勝ち続けてほしい。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



イメージトレーニングはユーチューブで!

ボクサーは、イメージトレーニングが非常に大事だ。

当然だけど、負けるイメージのまま試合してはいけない。

そんな時に役にたつのがユーチューブである。

とにかくユーチューブで勝っている選手を見るのである。

負けている方を見てしまうとテンションが下がり

負けるイメージが頭に残る。

試合を見ていたら、勝つ選手と負ける選手がいるのは当然ではある。

そこで、負けたボクサーを中心に見てしまい、

「あんなパンチくらったら絶体に死にそうだ……」「こわい……」

なんて感じてしまうとその負けるイメージが頭に残るのである。

それでは、いけない。

メンタルが弱くなってしまう。

僕自身、若い頃はメンタルが弱くて頭には何故か負けるイメージが

多くあったのである。

僕の時代には、ユーチューブもなくてWOWOWでビデオ撮らないと

ボクシングが見れなかった。

そして、テレビで放映されるのはビックマッチばかりで

好きなハーンズとレナードの対戦や、レナード対ハグラー

好きなボクサーのどちらかが負けるのである。

強いボクサーが負けてしまうイメージを残してしまう。

タイソンが負けた時は、本当にショックやった。

あのタイソンが負けるなんて考えられなかった。

あのタイソンが負けるなんて……

ショックは大きかった。

今ではユーチューブがあるので、好きなボクサーの勝つ場面だけを

見ることができるので、勝つイメージを作りやすいのである。

たまにユーチューブでハメドが負けた試合や、タイソンが負けた試合などを

見てしまうことがあるが、テンション下がりますね。

あなたも、負けるイメージが頭にあるなら

YouTubeで好きな選手が勝つ試合だけを、毎日毎日

見てみましょう。

あなたの頭の中に勝つイメージを焼き付けてみましょう。

少しは、メンタル強くなってくるかもしれませんよ。

 

 


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ヒップホップダンスの練習した。

僕は若い頃から、ダンスが好きでダンスの番組をよく見ていた。

ボクシングのフットワークの練習にダンスはいい。

ということで、今日はユーチューブ

ヒップホップダンスの動画を見て

練習していた。

まずは、基礎から練習。

なんでも、基礎が一番大事やからね。

やはり、ボクシングのフットワークによく似ている。

1時間くらいダンスの練習をして気持ちよかった。

明日は筋肉痛になっているかも……

ボクサーの皆さんもダンスの練習を取り入れてみてはいかがですか?


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



井上尚弥VSドネアの試合の日程と場所が決まった。

11月7日に、埼玉スーパーアリーナに決定したWBSSの決勝

井上尚弥VSノニト・ドネアの試合。

日本で開催ということで、最高の盛り上がりになるでしょうね。

結果予想は、やはり前半で井上尚弥のKO勝ちというところかな

しかし、ドネアの左フックは非常に危険だ。

まともに食らえば、KOされてしまう。

このベテランのドネア相手にどんなボクシングを展開するのか楽しみですね。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



天才の裏には努力がある。

人は、時に「あの人は天才だから……」なんて

諦めてしまうことがある。

あの井上尚弥選手も天才ではないく努力家だ。

井上尚弥選手のジムの大橋秀行会長が言っていた。

「井上選手のことを天才の一言で表すことは失礼だ」

「彼は、とにかく基礎を反復練習できるのが強み」

だと……

基礎を飽きることなく練習することが強みなんだ。

子供の頃から、努力に努力を重ねて練習してきた結果

今の強さがある。

それにプラスしてトレーナーが教える練習法が

正しいのかどうかも強さに左右されるのです。

 


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



パンチを打つ時の踏み込み

パンチを打ちこむには勇気も必要だ。

ただ半歩踏み込めなかっただけで、パンチの威力は変わる。

踏み込みが足らないと、距離が少しだけ遠くなりパンチは効かない。

半歩というよりも、何ミリ……というほうがいいか。

その何ミリというのが大事なのである。

もし、あなたがパンチが当たらないというのなら

勇気を出して、1ミリでも2ミリでも多く踏み込んで下さい。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



朝倉未来が矢地に勝った。

朝倉未来といえば、アウトサイダーから来た格闘家

これまで喧嘩に負けたことがないという喧嘩が強い格闘家だ。

しかし、気が荒くて暴れん坊というわけではない。

試合では冷静に戦う。

あまり、感情的にはならずに頭を使い戦うタイプだ。

今回の矢地選手との試合でも、矢地選手が朝倉選手の弱点を見つけた

といえば、朝倉選手は自分の弱点を確認して、そこを強化する。

そして、試合ではそれを実行して試合で出せる

朝倉選手の今後の戦い見ていきたいですね。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



井上尚弥は、まだまだ強くなる。

今、バンタム級最強と言われている井上尚弥

PFPでも3位か4位にいる。

今は、まだピークではない。

発展途上中のボクサーである。

それなのに、完璧に完成されている感じがする。

しかし、まだまだこれから強くなるでしょう。

現在は、まだ26歳。

きっと30歳くらいになれば、さらにボクシングに磨きがかかり

さらに強くなっていることでしょう。

1年1年成長していく井上尚弥をこれからもずっと見ていたいですね


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



ボクサーがやってはいけないこととは……

ボクサーがやってはいけないことは、普段の生活の中では

酒やたばこは、当然やったらあかんのは当たり前

そして、夜更かしや飲み過ぎや、食べ過ぎもいけません。

試合のない時は、まぁアルコール類は少したしなむ程度ならいいかな?

しかし、スパーリングなどで打たれた後にアルコール類を口にするのは

脳に良くないのでやめましょう。

そして、試合やスパーリングの時にやってはいけないことは

後ろを向いたり、下を向いたり目をつむってはいけない。

目をつむったりしてしまうと、相手のパンチは目に見えないところから打たれるので、かならず効いてしまう。

カウンターや不意打ちを食らったのと同じで、目に見えてないところに打たれる

だから、確実にKOされるでしょう。

そして相手の攻撃に対して、まっすぐに下がるのも良くない。

まっすぐ下がるボクサーに対しては、攻撃がしやすい。

だから、必ずサイドに動くことが大事だ。

その他にも、たくさんあるけど今日は、これくらいにしておきます。

暑い夏ですね。

熱中症にならない様に水分を摂りながら練習して下さい。

それでは、今日もジムワーク頑張って下さい。

 

 

 


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら