マスボクシングでジャブの練習

ボクシングにジャブは非常に大切なことは前回でもお話ししましたね。そこで練習にマスボクシングを取り入れることをおすすめします。

シャドーボクシングの場合は1人での練習ですが、マスボクシング

2人でパンチを当てずにやる練習になります。2人でジャブの練習をすると、シャドーボクシングとは全然違う効果があります

やればわかると思いますので、一度やることをおすすめします。

最初はスピードが速くなくてもいいから、まっすぐに型を崩さずに打って下さい慣れてきたらスピードをアップですよ。

ジャブでも、ストレートに近い威力のあるジャブを打ちたい方は
腰を入れてうてば効くパンチがうてます。

ジャブをうつ時の注意点といえば、左を出したときに右拳は必ず顎をカバーしておいてくださいね。相手の右クロスカウンターをくらってしまいますよ。

ボクシングの基本であるジャブは一番大切です。練習しまくってくださいね。

次回は右ストレートの練習しましょう。


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です