右ストレートの練習

そう、右ストレートは、相手を倒すためのフィニッシュのパンチになります。まっすぐに打ち抜くことですね。

そして右を打ったときに相手の左フックをもらってしまうことが、あますので右の肩でしっかり顎をカバーすることです。

左の拳も顎をカバーしてください。そしてパンチは腰からうつ事です。腰が入っていないと、相手をKOすることはできませんよ。

一番大切なのは、下半身です。腰の回転と体重移動でKOパンチは完成です。

打つ時に注意することは、絶対に肘が上がったり脇が空いたりはしないことです。アゴもしっかりと引いておくことも大事です。

必ず腰で打つ感じで打って下さい。腰の回転で打たないと手打ちになってしまいパンチが効かなくなってしまいます。




ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です