プロテストのための準備。

プロテストに受かるための準備はできましたか??左ジャブから右ストレート、そして………


フットワーク。そしてフットワークからのワンツーはうまく打てるようになりましたか?
しっかり踏み込んで、体重を乗せてKOパンチが打てるようになりましたか?
これさえしっかりできれば、プロテストの実技では受かります。左フックとかアッパーとかは
練習しなくてもいいんです。逆に未熟なころにアッパーなんか覚えても無理しすぎて
相手の攻撃にさらされる恐れがあります。左フックを打つ時も、相手の近くまでいかないとだめですから、初心者は危険なんです。だから離れて左ジャブで距離をとって、チャンスのときに右ストレートを打つんです。
あせってはいけませんよ。緊張しすぎてもあきません。落ち着いて練習したことをプロテストで
だすだけです。しかし、恐いんですよね。実際にリングにあがると、全然実力がでないんです。
こんな時にはメンタル面も非常に大切です。メンタル面もしっかり管理してくれるトレーナーに出会うことも勝つためには大切です。
それと筆記試験も大切ですね。基本的なことは覚えておいて下さい。
どんな問題が筆記試験にでるのか?次回は筆記試験について調べてみましょう。
では今日は、これで終了です。
次回をお楽しみに。


★合気道体術の研鑽と武器取りの世界【合気道本部道場町 植芝充央 監修】★
★バスケットボール・ドリブル上達革命【元JBLプレーヤー堀 英樹 指導】★
★ バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】★


スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です