プロフィール

プロフィールなんて、そんな大した人間ではないのですが、

一応僕がどんな人間なのかお話しておきます。

僕は高校の時から具志堅さんにあこがれていました。

高校卒業したら、近畿大学でボクシングしようと思っていたのですが
大学には落ちてしまいました。

仕方なく、何故かデザイナーの専門学校にいきました。

子供の頃から、マンガを書くのが好きで、漫画科にいきました。
その時期はボクシングのこと忘れていました。

そして社会人になってから、先輩の紹介でボクシングジムに入会しました。

ジムには日本ランカーが2人とあとは中学生やヤンキーの

兄ちゃんたちがいました。

日本ランカーの方とは、よくスパーリングしましたけど
全然パンチが当たらなかったのを覚えています。

才能は認められていたのですが、メンタル面が弱くてダメでした。

今考えると努力も足らなかったですね。

プロテストの前日もびびってしまい思わずビールを飲んでしましました。

あの怖さは今でも忘れません。

その後プロテストでは、2ラウンド滅多打ちされてしまいました。

この時に、高校生から痛めていた首を痛めてしまい医者から止められた…

仕方なく、ボクシングの世界チャンピオンの道は諦めた。

今考えると、諦めたというよりは、根性がなくてやめた感じですよね。

自分が情けなく思います。

その後トレーナーの道に転身!!

日本ランカーのセコンドにもついたことがあります。
しかし、ジムマネージャーとのトラブルで理不尽にもジムをクビにされました。

それから、24歳の時にどうしても試合に出たくて違うジムからアマチュアの
試合に出場しました。

相手は近畿大学の選手で高校時代は、高校で3位になっている選手でした。

いつもの自分ならジャブで冷静に距離をとりフットワークで相手を

翻弄するところなんですが、緊張し過ぎて、相手もろくに見えない状態で、
大振りのパンチをブルンブルンと振り回し、結局相手の内側からの連打で
滅多打ちされて気がついたら、ダウンしていました。

実力が出せずにRSC負けしてしまいました。

それからは、飲食店で働いていましたが、40歳になって自分のお店を持つ夢が叶うところでしたが、オープン15日前に、がんが発覚!!

社会からも取り残されるという思いをしていましたがそんな自分の弱さを克服し、もう1度社会復帰できたのは病院を退院してすぐに通ったボクシングジムの
おかげだったんです。

がんから復活して、ボクシングのおかげで社会復帰することができました。

だからボクシングに感謝しているんです。

その感謝の気持ちをボクシング界やボクサーのみなさんのお役に立とうという

気持ちで、ボクシングブログを始めました。

ボクシングの選手として、実績も残せないままプロにもなれないまま選手としては終わりました。

しかし、トレーナーとしては結構、活躍できたんじゃないかと思います。

ボクサーのあなたが、少しでも強くなるために真面目にブログ運営していますのでよろしくお願いします。

現在は焼き鳥屋をやりながら、ボクシングについて研究をしています。

参考になれば嬉しく思います。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です