打ち下ろしの右ストレート

内山高志選手の右ストレート
打ち下ろしています。
まっすぐ打つんじゃなくて
必ずパンチが当たる瞬間に
手首をちょっとだけ
おとしている感じです。

このストレートは山中選手も
打ちますね。
前にも言いましたが
このパンチは効くんです。
まっすぐあごにあてるパンチより
あごをかすめていくパンチです。
しかも、あごの先端にあたるので
脳が揺れやすいんです。
だから、あごの先端を打ち抜いた
パンチを打たれたボクサーは
足にきて、宇宙遊泳のように、
フラフラと立てない状態に
なってしまうんです。
あのパンチをマスターして下さい。
あのトーマスハーンズも
このパンチで、相手をバタバタと
倒していました。

もう1度言います。
当たる瞬間に手首をおとして
あごの先端をスパーンと
打ち抜くんですよ。


ボクサーに役立つプログラム販売しています

■三谷大和ボクシング上達法DVD>>

■本格ボクシングショップ EasyChange





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です