パンチを出すときに脇をしめたほうがいいのか?

ボクシング初心者のかたから
質問がきました。
ボクシングでは、脇をしめろと
トレーナーから言われますが
井上選手や、他のプロ選手で
強い人は、脇があいているように
感じます。
ということです。
初心者ボクサーの場合は
現在の日本チャンピオンや
世界チャンピオンの
悪い部分は、あまり気にしないほうが
いいんじゃないかと思います。

ボクサーは、みんな初心者の頃は
基礎をしっかり学んでするんです。
始めはみんなガードをしっかり上げて
脇をしめて、まっすぐパンチをだすという
ことを繰り返しやっていたんです。
その基礎があるからこそ
今があるのです。
初心者ボクサーは
強いボクサーのいいところだけを
しっかり見てください。
それは、たしかにガードが高くて
脇をしめているとパンチは打ちにくいかも
しれません。
ガードが高いと、自然なパンチが
打てないという部分はあります。
脇をしめることに意識しすぎていると
パンチに力が入らないのは確かです。
しかし、初心者ボクサーであるあなたは
現時点では、しっかりと基礎を
継続して下さい。
上にいくと、少々基礎は崩れてくるかも
知れませんが
今は、とにかく基本を大切にして下さい。
その基礎があったからこそ
今のチャンピオンは強くなれたんです。
基礎、基礎、基礎です。


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です