パンチガなかなか当たらない……何故なのか?

スパーリングでも試合でも
自分のパンチが当たらない。
そういう悩みをよく聞きます。
何故なのか?
それは単純にあなたのパンチが
相手の選手に読まれているからなんです。
1度確認してみて下さい。
肩に力が入りすぎていないですか?
打つ前にモーションがかかって
いませんか?
僕もよく経験しましたが
相手と向き合い、身体の動きを
止めてしまうと、どこかが
ピクリと動くので
ジャブも読まれてしまいます。
しかし、フットワークを使いリラックスした
状態の中から、ジャブを打つと
相手はいつパンチが飛んでくるのか
わからないので、よく当たるように
なります。
あとは、相手と向き合っているときに
フェイントを上手く使うことです。
目のフェイント、パンチのフェイント
などです。
僕がよくやっていたのは、
生意気ですけど
アリシャッフルをやっている中で
ビシッと急に左をだしていくと
必ずあたりました。
なかなかパンチがあたらないひとは
スムーズな流れの中から
パンチを打ってみて下さい。
それとか、いつも左から打つんじゃなくて
右からパンチを打っていって
左をうったり、
ボディを見ながら、上を打つとか
左でワンを顔面に、そしてツーの右を胸当たりを
狙い、スリーを顔面に打つ。
こんな風に工夫してパンチを打てば
だいぶん変わってくると思いますよ。
最近はメールでの質問が多くて
お答えするのも大変ですが
しっかりとお伝えしていきますので
よろしくお願いします。


★合気道体術の研鑽と武器取りの世界【合気道本部道場町 植芝充央 監修】★


スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です