緊張をおさえるな

最近はメンタルについて勉強しています。


いつも同じことを話している感じがしますが緊張を
抑えないというのが、一番自分の力を
出せるポイントかなと感じます。
ボクサーの皆さんも経験あると思いますが、試合前に
緊張しまくり、緊張しないように緊張を抑えようとする
これは、メンタルトレーナーからすると逆効果だといいます。
緊張しないようにと思えば思うほど体はガチガチになります。
そして、負けのイメージまでが脳裏を横切ります。
リングでいいパンチ打たれて倒れたらどうしよう…
相手の選手はパンチありそうだし打たれたら効きそうだ…
倒れて病院送りになったら怖い…
なんて悪い想像ばかりが浮かんできます。
そうなれば、どんどん緊張してしまい試合では力をだせないまま
終わって、またまた後悔してしまいます。
緊張はおさえずに、自分が緊張していることをしっかり認識して
「自分は緊張している」と自分と向き合うことが大切だといいます。
緊張しないでおこうという考えは捨てて、「俺はめちゃくちゃ緊張してるぞ」
「緊張しまくってる」というように、つぶやいてみて下さい。
緊張が極限まできたら、何かスッーと抜けていく感じがします。
そうすると緊張を楽しめるようになります。
緊張を楽しめるようになれば、どんどんいいイメージがでてきます。
いいイメージさえ湧けば、自分の力はだせます。
それで負けたとしても、実力の差だと割り切ることができるし
次の試合に修正することもできます。
試合前は緊張をおさえず、どんどん緊張して下さい。
驚くほど気持ちが楽になります。
まぁ一度試してみて下さい。


ボクサーに役立つプログラム販売しています

■三谷大和ボクシング上達法DVD>>

■本格ボクシングショップ EasyChange





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です