ボクシング初心者は、まずはパリングの練習

ボクシング初心者が、いきなりスウエーバックや
ウィービング、ダッキング
でパンチをかわすのは
なかなか難しいものです。
初心者のうちは、パリングの練習をおすすめします。
練習の仕方は、まずはマスボクシングでやってみよう
相手に左ジャブを打ってもらい、右のグローブで
はたきおとす。

これを何度も何度も練習してみましょう。
僕は現役時代に、スパーリングでパリングするとき
軽くチョンとたたくパリングと結構チカラを入れて
たたくようなパリングをしていました。
後者のパリングの時は、相手がバランスを崩すくらい
強く左に向けてはらいのけていました。
バランスを崩した瞬間に、右のフックを打ち込んでいました。
これは、プロになったら通用しないかもしれないけど
練習生同士のスパーリングなら通用するよ。
パリングが上手くできるようになったら、
パリングした後、左を返す練習をしましょう。
リターンジャブですね。

これを繰り返し練習してみたら、スパーリングでやりましょう。
相手のジャブを、右でパリング⇒リターンジャブ
何度もやってみましょう。
次は、右のグローブじゃなくて左のグローブでパリング
してみましょう。
左でもパリングができるようになったら、今度は
左でパリングした瞬間に右のストレートを顎に
打ち込む練習をしてみましょう。
慣れないうちは相手の左がいつ飛んでくるのかわからないので
上手くパリングできないかもわかりません。
ちなみに僕が、このパリングが上手くなったのは、若い頃ジムにいた
軽量級の日本ランカーの方のミットを受けてからです。
軽量級の日本ランカーとなると、ハンパじゃないスピードです。

あのスピードのボクサーのミットを受けるのは、ほんまに
難しかったけど、いつの間にか慣れてきて、普通にミットを
受けられるようになりました。
それからですね、練習生とスパーリングしても
パンチが楽に見えるようになった!!
あれには、自分もビックリしました。
4回戦くらいまでなら、ジャブを打つ瞬間がわかるようになるので
パリングもできるし、パリングができるようになったら
目でもよけられるようになります。

まずは、多くのスピードあるパンチを見て反応する練習を
してみて下さい。
相手の左を殺すことができれば、攻撃されにくくなります。
ボクシング初心者のあなたは、まずはパリングをしっかり
できるようにトレーニングして下さい。


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です