喧嘩に強くなりたい。

喧嘩に強くなりたいけど、ボクシングをすれば
喧嘩が強くなるのか?
こんな質問もよくいただきます。
お答えしますと、たしかに強くはなります。
そりゃそうです。一般の人たちはボクサーのように普段から
身体を鍛えているわけでもないし、普段から殴り合いなんか
するわけもないですからね。
ボクサーは長時間殴り合いをしてもバテないスタミナ
体力があるんです。
しかし、素人の人は一分殴りあえといわれても無理なんです。


ボクシングを始めたからと言ってすぐに喧嘩は強くなりません。
喧嘩慣れした人には負けてしまうでしょう。
喧嘩は反対ですが、どうしてもやらないといけないことも
あるでしょう。
強くなるためには、スパーリングをして戦うことに慣れないとね。
戦うことにビビらないようになることです。
いざ、喧嘩相手とい向き合っても、ビビってしまい手もでない
ようでは、勝てるはずもないですよね。
普段から、ジムで練習してスパーリングをしていると自信が
ついて、戦うときも落ち着いて対処することができます。

ガッツ石松さんが10人のチンピラを倒した話は有名です。
昔、僕のジムのトレーナーの方が、5人のチンピラにからまれて
全員倒したというのを、練習生が見ていたそうです。
これを聞いて、早くボクシングを習って喧嘩しようなんて
思わないようにして下さい。
自分よりも、かなりでかい相手と喧嘩しても簡単には勝てません。
それに、相手はナイフをもっていたりするかもわかりません。
あくまでも、護身用として習って下さい。
そして、自分の精神を磨き、技術を磨き、ボクサーとして
一人前になってほしいものです。
とにかく格闘家は素人とは喧嘩しても意味がないので
喧嘩に強くなるためにだけボクシングを習うのは
やめて下さい。

僕も、若い頃ボクシングを習いたての頃は
よく喧嘩をしようとしていました。
ボクシングをしただけで、自分は誰にでも勝てると思い込んでいた。
しかし、ジムで日本ランカーのボクサーとスパーリングしたら
歯が立たないですから、まだまだ大したことない自分でした。
自分よりも強い人は、なんぼでもおるんや
そう思うと喧嘩なんかできないです。
喧嘩で強くなるかどうかよりも、まずはボクサーとして
立派になれるよう頑張ってや。
ほな今日もジムの練習を頑張ってプロテストに向けて戦って下さい。


ボクサーに役立つプログラム販売しています

■三谷大和ボクシング上達法DVD>>

■本格ボクシングショップ EasyChange





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です