プロテストに落ちた!!それでもあきらめてはいけない。

プロテストに落ちてしまった……
ショックかもしれません。
しかし、あきらめてはいけない。
プロテストの時に、なぜ落ちたのか?なにがダメだったのか?
しっかり自分のボクシングを見つめなおすことが大切です。
トレーナの方にも、どこがダメだったのか聞いてみて
弱点を修正してから再度プロテスト受けてみたらいかがですか?
プロテストは、僕も落ちてしまってボコボコにやられてしまった。
相手は、アマチュア出身の選手でした。
相手は試合なれしていたから、余裕だった感じです。
僕はといいますと、高校時代から痛めていた首の骨を、またまた痛めてしまい
プロはあきらめたんですけどね。
しかし、あなたがまだまだできる体なら、あきらめなくても
何度でもチャンスは来ます。
もう一度基礎に返り、ジャブ、ストレートをしっかりと鍛えて
プロテストに再チャレンジしてみてください。
冷静に、戦えればジャブとストレートだけでもプロテストには受かります。
プロテストは、基本的にジャブはしっかり打てているか、フットワークは
ちゃんとできているかとか基礎の部分を見ています。
そしてあとは、あなたの気合いも大切です。
1回くらいダウンさせられても、すぐに立ち上がっ向かっていく姿勢があれば
基礎さえしっかりしていれば合格します。
基礎ができていなくて、ただブンブンパンチを振り回すでけではダメです。
プロテストに落ちた方は、もう一度基礎を反復練習してスパーリングを
中心に戦うことに慣れましょう。
では、次回こそはプロテスト合格してくださいね。
応援していますよ。

ボクサーに役立つプログラム販売しています

■三谷大和ボクシング上達法DVD>>

■本格ボクシングショップ EasyChange





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です