ボクシングでKOするには急所を狙うこと。

ボクシングで相手をKOするには、どこを打てばいいのか?
KOするには、距離、タイミングが大事です。
そして急所を打つということはもっと大切です。
急所といっても金●とかじゃないですよ。
アゴの先端やテンプルです。
ボディなら、みぞおちやレバーブローです。
その急所を打たないと相手は、なかなか倒れません。
ぼくも、若いころ経験なんですけど、日本ランカーの人との
すぱーりんぐで鼻、まともに打たれたけど、倒れなかった。
痛かったけど、倒れなかった。
しかし、アマチュアでのデビュー戦ではアゴにパンチをまとめて
打たれてしまい一瞬意識をなくしてしまいました。
おでこや、顔面はなかなか打っても倒れません。
ぼくは、アゴの先端を必ずまっすぐなストレートで打ちます。
相手のガードのすきまからねじ込むようなストレートが
一番KOしやすいパンチです。
山中選手や内山選手も、だいたいこのパンチで倒しています。
あなたも、相手を倒したいと思うなら、相手のアゴを狙ってください。
あたれば必ず効きますからね。

元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です