プロテストに受かるにはどうすればいい?

プロテストに合格するにはどうすればいいのか?
という質問がメールで届きましたので、お答えします。
前にも何度か、このような質問に答えたような気がしますね。
プロテストの合格しようと思うなら、基本をしっかり体に叩き込むことです。
審査する人は、その選手が基本的なボクシングができているかどうかを見ます。
スタミナがない選手の場合でも、普段の練習不足を見られる。
やはり普段から、しっかり走り足腰を鍛えスタミナをつける。
ジムワークでは、基礎練習をしっかり反復する。
後は、スパーリングをして、戦うためのスタミナや闘争心を養う。
いくら基礎的なことができていても、プロテストではスパーリングで戦わなければいけない。
ジムでのスパーリングは非常に重要なので、しっかりやっておくこと。
スパーリングは、やりすぎると体を痛めてしまいがちだけど、一番効果的です。
スパーリングをやらない日でも、マスボクシングは必ずやっておいて下さい。
戦うことに慣れることが一番大事なことです。 

★合気道体術の研鑽と武器取りの世界【合気道本部道場町 植芝充央 監修】★
★バスケットボール・ドリブル上達革命【元JBLプレーヤー堀 英樹 指導】★
★ バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】★


スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です