まっすぐ打つワンツーの練習を徹底的にやる

ボクシングで強くなるには、まずはワンツーの練習を徹底的にやるべきでしょう。
ワンツーを打てないボクサーは、勝てないですよ。
世界を獲るボクサーは基本的にワンツーがいいですよね。
肘が上がらず、脇も開かない。
フック気味になってしまっては、相手を吹き飛ばすようなパンチにならないんですね。
ガードが固いボクサーのグローブとグローブの間を突き破るくらいまっすぐ打つ。
これを打てるのは、現在のチャンピオンでは、山中選手と村田選手だ。
すべてのパンチを上手く打つ練習は大事やけど、ワンツーの練習はもっと大事だ。
ワンツーだけでも、試合をコントロールができて勝てる。
このブログでも、何度も言っていると思うけど、ジャブ、ワンツーを徹底的に練習することが
強いボクサーになるための第一歩だと思って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です