ロードワークの時も工夫をして走ることだ。

あなたは、ロードワークの時に変化をつけて走っていますか?
ただ、走っているだけではワンパターンで面白くないはずだ。
平凡に、同じペースで走っていてもスタミナはつかない。
やはり、坂道を見つけてダッシュしたり、ゆっくり走っていて
急に早く走ったりという感じで走ることが大事だ。
僕の場合は、フットワークを常に使うボクサーだったので
走りながら、横を向いてフットワークを使ってみたり
後ろ向きにダッシュしたり、斜めに向かって、ステップを踏んだりしました。
右斜めに、左斜めにステップを踏み、常に足を動かしていた。
だから、57歳になる今でも足のふくらはぎは、子持ちししゃもみたいに膨れ上がっている。
この足の筋肉こそが、強いパンチを生み出すのです。
神の左と言われる山中選手の左ストレートは、パンチ力とかパワーとかいうのではなく
足の蹴りで生まれていると本人が言っている。
足を鍛えること、これは非常に大切です。
自分なりにロードワーク方法を考えて練習してみて下さい。

ボクサーに役立つプログラム販売しています

■三谷大和ボクシング上達法DVD>>

■本格ボクシングショップ EasyChange





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です