ミットを受けると動体視力が鍛えられる。

これは、自分自身が経験したことでお話しします。

僕はボクシングトレーナー初心者の頃日本ランカーの

ミットがうまく受けれなかった。

その選手は、その当時のJフライ級の選手だった。

軽量級なのでパンチが速すぎるので、ミットを出すのが

間に合わずに、ミットを弾き飛ばされていた。

ミットは、いつも自分の顔面に当たってしまう。

パンチが見えないんですよ。

しかし、毎日毎日ミットを受けているうちにパンチが見えだしてきた。

打ってくる瞬間もわかるようになってきたのである。

それからは、ミットを上手く受けることができるようになった。

他の練習生のパンチくらいなら、完璧に受けれるようになった。

その頃から、選手とのスパーリングでも、簡単にパンチが

避けられるようになったんです。

実際に、強くて速い選手の動きやパンチを見ることが非常に

自分のためになったのである。

あなたのジムにも日本ランカーでスピードのある選手がいるなら

一度ミットを受けさせてもらったらどうでしょうか?

かなり動体視力が鍛えられると思いますよ。

 


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です