パンチは見えない位置から打つとよく効く。

パンチというのは、見える場所から打って当たったとしても

耐えられるんです。

しかし、見えない位置からのパンチを打たれると異常に効きます。

相手のパンチに目をつむってしまったときにパンチをもらうと当然効く

ことは間違いない。

しかし、見えないパンチを打つにはどうすればいい?

自分が現役時代に見えないパンチの打ったことはある。

その打ち方とは、右の大きなフックだった。

細かく説明しますと、まずは左でボディストレートを打ち

下に相手の意識を向ける。

左のボディから、右のボディをストレートで打つ。

これを繰り返し完全にボディに意識を向けさせる。

そして、同じパターンで攻撃してくると思いきや

大きな右フックをテンプルに打ち込む。

右フックを打つときに、頭から先に相手のボディまで下げて

ボディに突っ込む形になることです。

ボディを守っている間に、突然遅れて右フックが飛んでくる感じです。

これは、スパーリングんときによく当たりました。

あとは、サイドに素早く回り込んでの顔面や、ボディへのフックです。

これも、ジャブや軽い連打から、急にサイドに回り込む練習をして下さい。

回り込んだらすぐに、パンチを打つことです。

こんな感じで、相手の視界からはずれてパンチを打つ練習をしてみましょう。

 

 




ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です