ジャブが思っている以上に伸びる打ち方

背が小さく、リーチも短いボクサーのジャブがよくあたることがある。

選手によると、ジャブが予想以上に伸びてくるという。

伸びてくるジャブというのはどんなジャブなのか?

相手がジャブを打ってきた時に、少しバックステップするが

何故か、当たってしまうんですね。

こんなボクサーのジャブを見てみると、踏み込みがいいんです。

結構深く踏み込んでいるのがわかります。

そして、まっすぐ的に向って打っているんです。

肘が上がらず、脇も開かない。

そして、当たる瞬間に肩をグッと入れるんです。

こうすることで、伸びるジャブが打てます。

僕も若い頃には、伸びるジャブを打てるボクサーだった。

ジャブを当てるのは上手いボクサーだったと自分では思っているし。

トレーナーからもジャブは、よく褒められた。

伸びるジャブを打つために、どんどんジャブの練習をして下さい。

反復練習あるのみです。

井上尚弥選手の強みは、とにかく反復練習することだと聞きます。

もう一度ジャブを打つコツをおさらいしますと

●肘を上げない

●脇を開かない。

●肩を「グッ」と前に入れる。(肩で打つ感じ)

●踏み込みを深くする。

これを繰り返し練習してみましょう。

 


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です