ボクシングは防御が一番大切だ。

ボクシングで防御が上手い選手の場合はボクシング寿命が長い。

打たせずに打つというのは、ボクシングの基本だ。

しかし、なかなかそうもいかないのがボクシングです。

それをやってのけているのは井上選手だ。

井上選手は子供の頃から、お父さんからの教育で打たれないボクシングを

教えられていたというのを聞いた。

僕が現役の時は、防御を教えられたことがない。

ただただ、攻撃することしか教わらなかった。

喧嘩に勝つという感じかな。

今回のゴロフキンとアルバレスの試合を見ても

防御力のあるアルバレスが僅差の判定で勝っている。

アルバレスは、かなりの防御力がある。

ゴロフキンの攻撃をかなり上手くかわして、攻撃につなげていた。

その少しの差が大きいのである。

だから、練習生の頃からジムのトレーナーは攻撃にプラスして

防御も教えないと、プロテストにも合格しないのであります。

対戦相手が、パワーがなくて自分の方が攻撃力があるなら

攻撃だけで勝てるかもしれないが、相手の方が攻撃力があった場合

やはり、防御力がないと倒されてしまう。

スパーリングするときも、ボクシングを始めてすぐにやらせるジムがあるが

やはり、攻撃と防御の基礎ができてから戦わせるべきです。

僕が若い頃ジムに入って、1ヶ月くらいでスパーリングを

やったような記憶がある。

ただジャブしか教わっていないのにである。

そして、フェザー級の日本ランカーの人に「10年早いわ」と言われた

記憶が今でも頭に残っている。

プロテストを受けたときも、防御を知らないまま倒されて不合格だった。

僕は素人から何ケ月かでプロテストを受けたが、テストの時の相手は

アマチュア出身のボクサーだった。

当然、僕のパンチはかわされて一方的な攻撃にさらされた。

この結果を見ても、やはり防御の大切さがわかる。

僕は、このプロテストで首の骨を痛めてしまいボクシングができなくなった。

だから。防御の大切さをしつこく言うのである。

ジムのトレーナーも会長も、防御の大切さを知り、ある程度打たれない

ボクシングが出来るようになってからプロテストを

受けさせるべきであると思う。

でないと大きな事故につながる可能性がある。

防御方法としては、まずはフットワークの練習

ウィービング、ダッキング、ブロック、スウェーバック、パーリングなど

しっかり教えてほしいと思いますね。

ジムが防御法を教えてくれないなら、三谷大和さんのDVD

役に立つと思いますよ。

 

 

 

 


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です