井上尚弥が1ラウンドKO勝ち!

井上尚弥VSパヤノの試合は見ましたか?

あっという間の1ラウンドKO劇だった。

井上尚弥選手は、まずサウスポーのパヤノの右を

左のグローブで上からパリングしていましたね。

常に左のグローブがパヤノの右のグローブの上にありました。

ここがポイントだと感じました。

井上選手が上に上げた拳が、ジャブを打つときだけ左のグローブを下げて

相手のグローブの下に来た瞬間にジャブを放った。

そのジャブは確実にパヤノの顔面を捉えた。

と思った瞬間に井上選手の右ストレートがアゴを捉えました。

左ジャブから、右ストレートのつなぎが速い。

パヤノは井上選手のパンチがまるっきり見えていない状態だ。

不意打ちをくらったような感じですね。

足を揃えて倒れたパヤノは、意識が飛びKO負けした。

強すぎた井上尚弥。

1ラウンドであっという間に終了してしまった。

前回のマクドネル戦といい、今回のパヤノ戦といい

1ラウンドで終わらせるとは、まさしくモンスターだ。

パンチの威力が、ハンパやないですね。

この試合で強烈な印象を海外にも与えたことでしょう。

強い井上尚弥、これから先が楽しみですね。

井上選手のことばかりになりましたが、拳四朗も強くなっていました。

あの八重樫選手をKOしたメリンドを簡単にジャブでコントロールし

パンチによる負傷でストップ勝ちした。

ジャブで、うまく距離をとりメリンドをよせつけず

ワンサイドで勝った感じです。

拳四朗は、非常に距離の取り方がうまく自分の距離を崩さずに

戦ったのが勝因だろう。

拳四朗は、とにかくジャブが多くて基本に忠実でした。

やはり、基本っていうのは大事なんだと改めて感じました。

 


息ラクラク、快適マスクご購入はこちら

日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】
スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です