井上尚弥は、綿密のKO計画してKOした!

井上尚弥は、なんと強いことか!

ほんまに強いですね。

このKO劇を分析してみるとサウスポーとの戦い方がわかる。

僕が分析してみると、まずは井上選手は高く左のガードを上げている。

そして、パヤノの右を上から抑えるというのがポイントだった。

井上選手の左の拳が高くあげられることによりパヤノは意識的に

右ジャブが高くなり、右の腕が上がり意識は上に向かう。

そこに、井上選手は左腕を少し下げた状態からフリッカージャブ気味に

放った踏み込みのいい左ジャブがパヤノの右の腕の下から顔面にあたった。

左ジャブからのつなぎの右ストレートで完全KO!

これは、またまた井上の父が反復練習させたのだろうと思う。

そして作戦通りきれいに決まったのである。

その一瞬を見逃さない井上選手のセンスは凄いですね。

かなり、このパンチを打つタイミングを練習したのでしょう。

いくら練習しても本番で実践するのは難しいものだ。

それを、大舞台で簡単にやり遂げる井上はまさしくモンスターやな

[ミズノ]井上尚弥選手 世界チャンピオン記念Tシャツ

はじめよう!ボクシング 井上尚弥実演 / 大橋秀行監 【本】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です