ジャブの大切さを、もう一度見直そう。

最近の2試合でジャブの大切さを知りました。

井上尚弥選手のジャブと拳四朗のジャブだ。

井上尚弥選手の場合は、サウスポーの相手の対しての左の使い方が上手かった。

そして井上選手は、最後は左ジャブを目くらましに使い、つなぎの右ストレート1発で倒した。

すべては、あの左の使い方がすべてだった。

拳四朗選手も、あのしつこいくらい出した左ジャブで勝てたのである。

あれくらいしつこくジャブを出すのは非常に効果的だ。

いくら強い相手でも、前に出て来れなくなり嫌気がさしてくる。

僕も、若い頃のジムワークは左ジャブの練習に明け暮れたものだ。

明日の村田選手の試合でも、ジャブが決め手になってくるでしょうね。

 




ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です