KOできるパンチは、どう打つ?

KO出来るパンチ。それは、果たしてどう打てばいいのか?

ボクサーは試合中は、フットワークを使い戦う。

その中でKOを生むには、下半身が非常に大事になってくる。

フットワーク中でも、下半身は安定し、

上半身もフラフラしないのが大事。

足が揃っているときにパンチを打っても力が入らない。

腰を「グッ」と踏ん張って腰で打つ感じが大切なんだ。

あの井上尚弥田口選手の日本タイトルマッチ以降打ち方を変えたという。

その時から、KOを量産するようになったようだ。

田口戦までは、フットワークを多く使いパンチを出して

上半身だけでのパンチが目だったけど、その後は腰で打つような

感じに変えたようだ。

やはり腰が重要になってくるのだ。

この腰で打つというのを意識すること。

野球でも、強打者は腰で打つ。

あなたも、いまだにKOが少ないなら足腰を鍛えて

腰の回転を意識して打ってみてはどうですか?

今のパンチ、上半身の力だけで打っていませんか?

パンチは腰からというのを覚えておきましょう。

 




ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です