体は前を向くよりも斜めに向く方が相手は戦いにくい

これは、当然のことですね。

体が、あまりにも真正面だと

相手のパンチは当たりやすくなる。

あの井上選手が、パヤノがあまりにも

構えが、斜めなので戦いにくかったと言っている。

予想以上に、体が斜めでどうやって

パンチを当てようかと考えた。

そして、左を上手く使い体勢を崩した感じに

なりながら右ストレートを放った。

しかし、あのパンチがよくあたったなぁ

そう思うくらい難しいKOや。

昨日は、そのパヤノの復帰戦で若手の無敗の

選手を判定勝ちで完封している。

これで、パヤノの強さがみなおされて

井上選手の強さも、さらに光った。

さっき、ユーチューブである日本選手の

試合を見ていた。

そのボクサーはテクニシャンで相手を挑発していた。

それも、腕を下げて体を真正面に向けて戦っていた。

最初は上手くパンチをよけていたが、

相手の左フックでKOされた。

真正面を向いて、相手を挑発するなんて

無謀すぎる戦いをするからあかんのじゃ。

そう思いました。

真正面を向いていると、ジャブの腕も

相手との距離ができる。

だから、できるだけ斜めに向けばジャブが

相手に速く届きやすくなる。

相手も、攻撃しにくくなるのです。

しかし、その時に体と一緒に足までが

一直線になり過ぎると、バランスが悪くなる。

そして、打たれたときに効いてしまう。

メリット、デメリットはあるが

そこは上手くやることです。

あなたが、もし相手と戦う時に前を向きすぎているなら

もう少し、斜めに構えてみて下さい。

かなり戦い方は変わってくると思います。

ジャブを出す腕が、かなり前に出るので

自分は戦いやすさを感じるし、相手は

戦いずらさを感じる。

そして、ストレートが飛んでくるのがわかりずらく

遠くから、飛んでくるので効きます。

腰も回しやすくなるので、パンチに威力がでます。

基本の構え方、もう一度見直してみて下さい。

シャドーの時、ミット打ちの時、サンドバッグの時

すべて、確認しながら練習をしてみて下さい。


息ラクラク、快適マスクご購入はこちら

日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】
スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です