ええトレーナーいると強くなれる。

ボクシングで強くなるにはトレーナーの力が必要や。

自分一人で強くはなれない。

野球やサッカーのようにボクシングもチームワークが大事や。

ボクサーとトレーナーと会長などとのチームワーク。

僕の場合、現役時代のトレーナーの2人が仲が悪く

お互いの教え方を否定しあいしていたので、

やりにくかった。

僕を教えてくれていたトレーナーは僕からお金を借りたまま

どこかに消えてしまった。

その当時、俺はまだ19歳の若さ。

一番強くなれる年頃やった。

その後は、まともに教えてくれるトレーナもいないまま

ジムでの練習をしていたけど、結局プロテストでは

アマ出身のボクサーにボコボコにやられるという始末。

自分の精神面の弱さもあったと思うけど……

今思えば、トレーナーに原因があったと感じる。

だから、トレーナーが良くないと感じた時は

直ぐにジムも変わるべきやと思う。

トレーナーが悪いと、絶対に強くなれない。

あのマイクタイソンも、恩師のカスダマト氏が亡くなってから

弱くなってしまった。

タイソンは最初の頃のボクシングとは、かなり動きが変わった。

そんなことを考えると、やはりジムの環境というのは

ほんまに大事やとおもいます。

強くなれる環境を作るのはトレーナーの役目。

トレーナーと選手の信頼関係が出来ていないとあかん。

強くなるためのジム選びや、トレーナー選びを

今一度考えてみましょう。


息ラクラク、快適マスクご購入はこちら

日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】
スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です