ボクシングでチャンピオンでなくてもトレーナーとして成功できる。

世界チャンピオンだからトレーナーとして一流なわけではない。

世界チャンピオンを育てたトレーナーたちが

全て選手で一流ではないことが多い。

長谷川穂積氏のトレーナーの山下氏はボクシング経験なしやし

ボクサーではないけど、那須川天心の父も選手経験なし、

井上尚弥選手の父は、ボクシング経験はあるが

チャンピオンになってはいない。

チャンピオンになっていないどころかプロボクサーでもない。

アマで2戦2勝でやめたらしい。

それでも、チャンピオンを育て上げている。

まぁ周りの協力もあるが、教えているのは父である慎吾さんや。

長谷川選手を世界チャンピオンに導いた山下氏は

長谷川氏を何度も防衛させている。

こうやってみてみると、トレーナーのすべての人が

選手として一流ではないことがわかる。

選手で一流ではなくても一流のトレーナーになれる。

トレーナーを目指している人に勇気が湧きますね。

名選手=名トレーナーではない。

選手であるあなたは、トレーナー選びを経験だけで決めてはいけない。

あなたのことを真剣に考えて、常に勉強して研究している

真面目なトレーナーの元でやるべきでしょう。

あなたも、ええトレーナー探して、チャンピオンになって下さい。


息ラクラク、快適マスクご購入はこちら

日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】
スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です