ボクシングでKOするために大切なこと。

ボクシングでKOするためには思いきった踏み込みも大切や。

踏み込みが少し浅かっただけでパンチの威力が変わる。

ビビッて踏み込みができない。そんなボクサーはKOできない。

しかし、踏み込むのは危険地帯にも入る。

相手のカウンターが怖いのである。

思い切って踏み込んだ分カウンターは効いてしまう。

だから、思いきった踏み込みをする際には入る時のスピードが大事や、その一瞬の隙に踏み込み腰の入ったパンチを打ちこむ。

井上尚弥がパヤノを倒したときのように目に見えないほどのスピードで踏み込み目に見えないほどのワンツーを打つ。

そしてピンポイントで急所を狙う。

そうすることで、KOに結び付く。

あなたが、もしKOできていないなら

踏み込みを意識して戦って下さい。


息ラクラク、快適マスクご購入はこちら

日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】
スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です