ボディ打つには、ストレート系が安全や。

ボディ打ちといえば井上尚弥という感じですね。

しかし、あのレバーブローは非常に難しい。

僕も現役時代は、あんなボディ打ちは教えて見らわなかったし

実際に打てなかった。

何故かというと、恐いからです。

相手の中に入らないと打てないので危険なんです。

だから、僕はいつもボディ打ちは左のジャブ・ストレート

右のストレートをボディによく打った。

上、上、上と上を狙いながら、素早くボディへ

ボディのストレートは、あまり相手の中に入らないので

危険度も少なく、打ちやすいし当てやすい。

この場合は、みぞおち辺りを狙えばいい。

息が出来なくなるくらい苦しい。

打つときは、体を折り曲げてはいけない。

体だけを折り曲げてしまうと、顔は下を向いてしまうので

相手から目をそらすことになる。

だから、ひざを柔らかくしてひざを曲げて腰を落として打つことです。

この時も下半身がしっかりしていないとバランスが悪くなります。

もし、あなたがボディフック打ちが苦手というのなら

まずは、ストレート系のボディから練習してみましょう。


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です