ノーガードを最後まで貫いたボクサー

ノーガードで戦ってきたボクサーといえば

辰吉氏である。

危険を承知で、ノーガードで戦ってきた。

しかし、その戦い方を貫き続けた。

今でも、引退せずに現役でいる。

本当にボクシング命なんですね。

ノーガードは本当に危険です。

昔のボクサーのハメドもノーガードだ。

確かにパンチをかわすのは上手い。

しかし、時にアゴにパンチをくらい

ダウンすることも多かった。

非常に危険な戦い方をしていたのである。

辰吉氏も、そうだ。

左の腕をダラリと下げて戦うスタイルは崩さなかった。

パリングなども、あまり使わずに

ウィービング、ダッキングとステップで

パンチをよけていく。

一つ間違ったら、パンチは急所にあたる。

それでもガードはしない。

それとは逆に、井上尚弥は左のグローブは

高く上げて、相手のパンチをもらうことなく

試合を運びKOする。

攻撃を中心に戦った辰吉氏

防御を中心に練習し戦った井上選手。

どちらがいいのか?

それは、井上選手の様に打たせずに打つのがいいのは当たり前や

しかし、ノーガードを貫いて戦ってきた辰吉氏も

素晴らしく、かっこいいボクサーです。

辰吉氏の次男は現在ボクサーで頑張っている。

しっかりガードをして戦っている。

息子には打たれないようにアドバイスしていることでしょうね。

あなたが、もし辰吉氏の様にガードを下げて戦っているなら

やめて下さい。

あれは、辰吉氏やからやれたことやから。

あなたは、しっかりガードして防御大事に戦って下さい。


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です