下半身強化のために自分がやったトレーニング法は?

自分は、下半身の強さには自信があります。

特別な練習をしたことはあまりなかった様に思う。

しかし、太ももの筋肉やふくらはぎの筋肉は膨れ上がっている。

果たして、自分はどんな練習をして下半身が強くなったか?

今日は、そのお話をしていきたいと思います。

そんなに難しい練習はしていないので取り入れてみて下さい。

前にも記事で書いたことですが、小学校から中学の頃は

うさぎ跳びをよくしていました。

今では、腰や関節を痛めるという事で禁止されているようですが

僕の子供の頃は、うさぎ跳びは主流でした。

その頃は野球をしていましたので練習には

必ず取り入れていました。

うさぎ跳びでは校舎の階段を上の階まで上がって

そして、降りる時は危険なので1段ずつ走って降りる。

これを10周くらいは、やっていたと思います。

その他、アヒルといって手で足首を持ち

中腰で歩くといった練習法です。

そして、毎日走ることは欠かせませんでした。

段のある所を見つけて、あがったり降りたりとか

坂道ダッシュ。

高校の時はサッカー部に入り、練習後10キロ走っていました。

サッカーをやっていると、自然に下半身は強化される。

その他は、特別に下半身を鍛える練習はしなかった。

ボクシング時代には、毎日10キロ以上走る以外は

下半身強化を意識しなかった。

僕の場合は、子供の頃からの積み重ねが今の下半身の強さを

保っていると感じる。

今年59歳になるけど、今だに下半身はしっかりしている。

下半身というのは、他のスポーツでも大事なもの。

ボクサーなら、下半身のバランスがよくないと

強いパンチも打てないのである。

上半身の筋肉も必要だが、それよりも下半身強化に取組めば

必ずKOも増えるはずや。

 


息ラクラク、快適マスクご購入はこちら

日本発のアウトドアブランド【WAQアウトドアストア】
スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です