フットワークは、しっかり練習しておこう。

フットワークを甘く見ていてはいけない。

井上尚弥選手のスパーリングを見たことがありますか?

井上選手は試合では、あまり使わないけど

スパーリングの時は、前後のフットワークを使い

出入りをよくしています。

相手との距離をフットワークとジャブで測ります。

そして、絶対に相手の距離には入らない。

必ず、自分の距離で戦います。

そして、試合を支配しているんです。

僕は現役時代は、フットワークを使うことで

リズムを作っていました。

そのリズムから放つジャブは確実に相手を捉えていた。

フットワークを使わずに戦ったときは体に力が入り

上手くジャブも当たらなかった。

フットワークの練習は、まず前後のフッワークから

横に跳ねるようなフットワーク

足を前、後ろに交互に踏むステップ

フットワークを使えば、相手も動きに混乱することもある。

しかし、逃げのフットワークでは意味がない。

攻撃につなげるようなフットワークが大事だ。

今は、どんなスポーツでもラダートレーニングを取り入れている。

ラダートレーニングを取り入れればフットワークの練習が非常にしやすくなります。

前にも紹介しましたが、ラダートレーニングとは、

はしごのようなものを地面に置き、

その上を出たり入ったりしながら走るというイメージ

あのロマチェンコも取り入れている練習法だ。

これは瞬発力も付き非常にいいです。

僕らの時代には、こんな練習法はなかった。

そして、ユーチューブというものもなかったので

WOWOWで録画して、レナードやハメドのフットワークを

何度も何度も見て練習していたもんです。

今ではユーチューブという便利なものがあるので

勉強しやすいですね。

フットワークを使い続けるのは足腰の強さも大事なので

毎日走って、足腰を鍛えておいて下さい。


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です