ボクシングの実践では冷静に戦うこと。

ボクシング試合では、自分を見失ってしまう。

スパーリングでもそうやな。

相手と殴り合うというのは、恐いのもあるし

冷静ではいられないもの。

相手のパンチに焦り、ついついただの殴り合いをしてしまう。

そして、スタミナを失くすというのが、だいたいのパターンや。

このように戦う時に冷静になるには防御を練習することと

戦うことに慣れることが大事や。

相手のパンチがよけれるようになれば心に余裕ができてくる。

そして、冷静になれるのです。

あまり、スパーリングばかりやると脳や体を壊したりしますので

マスボクシングを多く取り入れることをお勧めします。

とにかく、防御の練習をして戦うことに慣れて下さい。

そして、戦いながら考える訓練をすることです。

そのようにしてジムワークしているうちに必ず

あなたのボクシングは変わると思いますよ。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です