ボクシングの実践では冷静に戦うこと。

ボクシング試合では、自分を見失ってしまう。

スパーリングでもそうやな。

相手と殴り合うというのは、恐いのもあるし

冷静ではいられないもの。

相手のパンチに焦り、ついついただの殴り合いをしてしまう。

そして、スタミナを失くすというのが、だいたいのパターンや。

このように戦う時に冷静になるには防御を練習することと

戦うことに慣れることが大事や。

相手のパンチがよけれるようになれば心に余裕ができてくる。

そして、冷静になれるのです。

あまり、スパーリングばかりやると脳や体を壊したりしますので

マスボクシングを多く取り入れることをお勧めします。

とにかく、防御の練習をして戦うことに慣れて下さい。

そして、戦いながら考える訓練をすることです。

そのようにしてジムワークしているうちに必ず

あなたのボクシングは変わると思いますよ。


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です