村田諒太がブラントに勝つには…

もうすぐ、村田諒太とブラントの再戦の時がくる。

前回は、村田の単調が攻撃パターンが通用せずに

負けてしまった。

村田のボクシングは、ガードを上げてワンツーで決めるボクサーや。

ジャブが少なくて、いきなり右を当てようとするので相手に読まれる。

ブラントは、フットワークを使い手数が多くスピードもある。

そこに、突っ込んでいく村田はブラントの連打を浴びるパターン。

そこで、僕が村田が勝つにはどうすればいいのか考えてみた。

村田は、常に頭の位置を変えて戦うことですね。

ガードは今まで通りしっかり上げながら、ジャブを多く出すこと。

そして、拳四朗の様に、あらゆるジャブを使い分けることです。

左で、相手をコントロールすることです。

パンチ力、体の力も村田の方が上なので、そこをどう生かせるかがポイントや。

強いパンチをいかに当てることができるのか?

やはりブラントのような選手には、ワンツーだけで決めることは難しい。

しかし、無理してフックなどを打っても逆にカウンターをくらう恐れがある。

いかに、得意の右ストレートを決めれるかどうかです。

そのためには連打が必要になってくる。

頭を振って、頭の位置を変えながら前に出てパンチを打つことです。

ワンツースリーフォーのフォーで右を当てること。

フォーじゃなくても、ファイブシックスと5,6発目で当てるという意識が大事だ。

そのために、わざと空振りすることです。

パンチを当てようとワンから力が入ってしまうとスピードもなくなり

ツーの右ストレートが当たらなくなる。

そして、バテるんです。

最初の、ダミーのパンチはスピードだけで打つことです。

力を入れずにスピードで打ち、最後の右を力強く打ち込むこと。

あの神の左の山中氏は、左ストレートを警戒されても左で必ずKOしてきた。

それは、左を当てるための工夫をしてきたからだ。

村田は、左を顔面だけではなくて、胸やみぞおちなどを狙えばいい。

顔面はよけられても、体はなかなか避けられないものだ。

ワンツーを上手く、上と下に散らしながらフェイントを入れる。

ボディフックでレバーを狙うのもいいが、村田のレバーブローは

見ていて、なんとなくぎこちないように見える。

だから、ストレート系を主体に戦い、上下に打ち分けて変化をつけて

戦えば、右ストレートは当てれると思う。

当たれば、必ず倒れるだろう。

そのためには、足の動きやひざの柔らかさも大事になる。

ひざを柔らかくして、体を上下に動かしながら上下にパンチを打ち分ける。

膝を使わないと、上体だけが前に出ていってしまうのでブラントの思うつぼにはまる。

村田が勝つためのポイントをまとめますと、

●ワンツー主体の連打。

●連打の時の足の動き

●ワンツー主体の上下の打ち分け

●フェイント

●頭の位置を変える

●ひざの使い方

僕は、そう考えている。

パンチが強いのだから、宝の持ち腐れにならないように戦ってほしいですね。


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です