基本に忠実なボクシングをすること。

何でも基本に忠実にやることは一番大事や。

今、井上選手を見てそう思う。

僕は、選手時代にガードを下げて戦うことを教わった。

だいたい2人のトレーナーがいて、その2人の仲が悪くて

ちゃんと、ボクシングを教えてもらえなかった。

結果、跳ねるようなフットワークを使い、ガードを下げてジャブを突く。

初心者の時から、そんな感じでボクシングをやっていた。

井上尚弥選手のように、基礎がしっかりしたボクシングをしていたら

選手時代に、プロテストでめった打ちされて首を痛めることもなかった。

だから、ボクシングを始めた頃にしっかり

基礎を学ばないといけないし

その後もずっと基礎を繰り返すことが大事だ。

しっかりガードを上げて、ガードの位置からパンチを出す練習をすることや。

この基礎を繰り返すことで、試合中も崩れることなく戦えるのだ。

僕もたしかに、練習生とのスパーリングならガードを下げて

目でパンチをかわせるが、プロ相手になるとそうはいかない。

やはり、基礎を忠実に練習し続けるボクサーが強い。

 


元ボクシングトレーナーが練習法を教えます 元ボクシングトレーナーが実際にやっていた練習法を教えています

三谷大和ボクシングDVDプログラム内容とレビューはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です