強かった頃のマイクタイソン

マイクタイソンは、非常に強かったが負けてしまった。

あの時はショックを受けたものです。

強かった頃のタイソンは、頭をよく振り防御がうまかった。

そして、下から突き上げるようなジャブを打っていた。

しかし、途中から頭も振らずに、ただ一直線に前に行き

いきなり右フックを振るおうとすることが多くなった。

ヘビー級では小さなタイソンは、相手の長いジャブのえじきになってしまった。

防御こそが、タイソンの武器だったはずなのに……


ボクサーに役立つプログラム販売しています

■三谷大和ボクシング上達法DVD>>

■本格ボクシングショップ EasyChange





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です