井上尚弥とドネアのミット打ちの違い

井上尚弥が、いよいよドネアと戦う。

もうすぐだ。ワクワクする。

そこで、ユーチューブで井上尚弥とドネアのミット打ちを見ていた。

さすがに両者とも凄い迫力です。

ドネアのパンチは、重そうな感じで「ズシンズシン」という感じで響いてきます

スピードは、普通で体の動きの速さは感じられません。

しかし、ミットの間際のあのスピードとパワーは警戒しないといけません。

それと違い井上尚弥のミット打ちは、速くパワーも十分だ。

ワンツーを打った後、すぐにバックステップしてガードを固める。

そして、サイドに動き相手の攻撃をさえぎる練習をしている。

かなりドネアの強打を意識して練習をしている。

そのパンチのスピードと、体の動きのスピードは速すぎます。

はたしてドネアは、井上のスピードについていけるのか?

ロマチェンコや、リゴンドーなどよりもスピードやパワーや上手さは上だとも感じるくらい、これまた素晴らしい井上尚弥のミット打ちだ。

どちらも素晴らしいミット打ちだけど、総合的には井上尚弥のミット打ちの方が凄さを感じてしまった。


ボクサーに役立つプログラム販売しています

■三谷大和ボクシング上達法DVD>>

■本格ボクシングショップ EasyChange





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です