ジャブをストレート級のパンチにする打ち方

ャブを強く打ちたいと思うボクサーは多いです。ジャブというのはボクサーに欠かせない武器である。

当てることに集中しすぎるとカウンターを食らってしまうし、体が前に出過ぎてバランスを崩してしまったりする。

それだけに思い切ってジャブを打てないこともある。

しかし相手との距離を間違えなければ、そんな心配はない。

しっかりと自分の距離を作っておき、軽いジャブで距離を測って起き

自分の距離になれば、強い踏み込んだジャブを打てばいい。

効かすジャブとはスピードはもちろんのこと、腰の入れ方や左肩の入れ方や右の肩の引き方と前の足の踏み込み、後ろ側の足の蹴りです。

私が若い頃は、ジャブをとことん練習してきました。毎日毎日ジャブを体に叩き込みまくりました。

その頃は、ストレートの練習をしていなかったせいか右ストレートよりも左ジャブの方が強いくらいになっていました。

練習生相手なら、ジャブだけでも倒せるくらいのパンチ力がありましたよ。

この頃は、拳も鍛えあげていましたから当たれば「ガツン」という感じが拳に伝わってきて、相手は痛がっていました。

とにかく、距離が良くないとパンチは効かないので自分に距離を作る事です。

まとめますと、

①軽いジャブで自分の距離を作り確認する。

②強いジャブを出すと同じくらいに前の足を踏み込む

③うしろ足は思いっきり蹴る。

④肩は前の方は「グッ」と中に入れて、後ろ側の肩は後ろに引く。

⑤当たる直前に拳を握りパンチを当てる

こんな感じで毎日の練習をやって下さい。


オリジナルコンテンツ数No1!【ABEMAプレミアム】


スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です