ボクシング違反者をどう処分する?

クサーは試合するために減量という過酷な試練を乗り越えないといけない。

そこから逃げたボクサーは、計量で失敗してしまう。

それが、ネリだ。合宿中も3度も故郷に帰ってしまったり、計量前日にレッドブル飲んだり

故意的なのかどうかはわからないが、そんなネリ陣営はもうすでに次のプランを

考えているらしいというニュースを見た。

 

何回も違反を犯しておいて、反省はしていないのか?

 

必死に体を作ってきた山中、パヤノ、ロドリゲスに申しわけないと思わないのか?

山中氏の時は、体重差がありながら山中氏は試合を受けた。

パヤノ戦では、1度目の計量は失敗して2度目の計量で合格して試合をした。

ロドリゲス戦は、ロドリゲス側が試合を断った。当然である体重の重い相手と戦うリスクを避けた。

ドーピングや、体重超過した選手をそう簡単に試合をさせていいのか?

甘すぎると思わんか?

あの比嘉大吾は、一生懸命やったけど体重を落とせなかった。そんな苦しみながら減量した選手でも

あれだけ、長い間ボクシング界から干されたのに……

ネリにも、それなりの罰則を与えるべきでしょう。

皆さんはどう思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です