井岡一翔が初防衛!田中恒成は3回KO勝ち

井岡一翔は、1Rから前に出る。

相手のシントロンはサウスポーでリーチが長い。

 

前半は、遠い場所から飛んでくるシントロンのパンチをいくらかもらっていた。

しかし、お構いなしに前に出る井岡。ボディ狙いで接近する。

 

中盤辺りから井岡選手のボディが徐々に効いてくる。

 

動きが鈍くなったシントロンはパンチにも力がない。

前半から前に前にでていた井岡選手が中盤からは主導権を握り

判定勝ちを収めた。

 

ちなみに田中恒成は楽々3回でKO勝ち

 

いずれは田中選手と井岡選手の戦いが見れるかもね。

 


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です