ボクシングは打たれないことが一番大事。防御技術をしっかり練習して磨いておこう

クシングは、攻撃しないとKOは出来ないし勝てないかもしれないけど、防御もしっかりしていないと勝てない

打たれないということは非常の大事なことですね。打たれないと単純に選手寿命は長くなります。

打たれ過ぎると、やはりダメージが残りパンチドランカーになる確率も高くなります。

防御の練習は、毎日の練習の中でしっかりとやっておくことです。

防御方法には、ステップワークや、ウィービング、ダッキング、スウェーバック、ブロックと色々ある。

村田諒太選手は、防御は殆どブロックで相手のパンチを防いでいるので下手したら相手にペースを握られたズルズルと判定負けすることがあるかもしれません。

相手のパンチをどこにも当てさせないのが一番いいけどボクシングでは、なかなかそう上手くはいきません。

あの井上尚弥選手でさえ被弾することがあるのですが、あれはベテランのドネアのテクニックにやられた感じです

パンチをもらわないことは、相手の距離に入らないことが大切やけど、そのためにはジャブが大事になってくる。

井上選手がピンチの時に、ジャブをどんどんだすことでドネアは中に入れなかった。

前後のステップとジャブとブロックを駆使すれば防御はできる。

相手のパンチをかわし続けていれば、いつかチャンスが訪れるので、そこでKOをすればいいのである。

相手がジャブを打って来たら、後ろの足を少し引きバックステップして相手の距離を潰してしまう事。

ジャブが来たら、パリングしてリターンジャブを打つ、こうやって相手を自分の距離にいれない事だ。

防御のためには距離は非常に大事。

そして普段から防御の連動した動きを練習することが重要だ。

左にダッキングしたら、すぐに右にダッキングする。ダッキングの後は少し後ろにスウェーバックするというように、この連動した動きを練習することだ。

もし、あなたが攻撃の練習を中心の練習をしているのなら、これからは防御中心の練習に切り替え打たれないボクシングを意識して練習してみよう。


理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です