マスボクシングは目的をもってやること。

マスボクシングでは、強いパンチは打たないのが一般的ですが、ついついムキになる人が多い。

スパーリングと変わらないくらい打ち合っている練習生をよく見かける。

 

ただ打ち合っているようでは練習にはならない。スパーリングの時もそうですが

それをやる目的や意味が大事なんです。

 

そのマスボクシングは、なんのためにやるのか考えてみましょう。

自分の距離を作るための練習なのか、防御のための練習なのか、パンチを当てる時のカウンターのタイミングを測る時の練習なのか?そんなことを考えながら確認しながらマスボクシングをやるべきだ。

 

少しスパーリングに近いマスボクシングをするときも、意地になって打ち合っては何も意味がない。

ベテランのボクサーは、そこのところは冷静にマスボクシングをするけど

練習生は、本気で打ち合ってしまうことが多い。

 

あなたも、そのマスボクシングも計画的に目的を持ってやるようにして下さい。



ボクサーに役立つプログラム販売しています
■初心者・プロ向け!元東洋チャンピオン三谷大和ボクシング練習法dvd(17600円+送料)
■超初心者向け!元日本3階級制覇 前田宏行ボクシング練習法dvd(9800円+送料)
■他のジャンルのDVDが欲しい方はこちら>>

スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です