マイクタイソンがダグラスに負けたのは何故なのか?

ヘビー級最強と言われていた、マイクタイソンはスピード・パンチ力とも最強だった。

そのマイクタイソンがダグラスに負けた時は、ほんまにショックやった。

まさか、あんな形で負けるとは……驚きましたね~~

強い選手が負けた時は、気持ちが沈んだものです。

それで、マイクタイソンが何故まけたのか考えてみました。

マイクタイソンと言えば、頭を振り子のように振り、グイグイと相手の中に入ってスピードのある強いパンチを打ちこんでKOするのが特徴だ。

しかし、この日のタイソンは体の動きが遅くて頭も振らずに、ただ前に出ているだけのボクシングだった。

案の定、ダグラスのジャブが思うように当たる。

完全に的になっていた。

これでは、勝てる試合も勝てなくなる。

その反対でダグラスはスピードのあるジャブでペースをつかんでいった。

タイソンは倒されるまで、単調に前に出るだけだった。

頭も振らず、ジャブも打てないのである。

ダグラスのジャブが当たれば、ストレートもあたる。

背の小さなボクサーが、中に入れなければ当然勝てない。

この時のタイソンにはキレを全然感じなかった。

タイソンが負けた敗因をまとまますと、

●頭を振らずに相手に近ついたこと。

●ジャブがでなかった。

●下半身の安定感がなかった。

●体のリズムがなかった。

すべてがいつものタイソンとは違ってしまっていた。

基本をわすれてしまっていたんですね。


★合気道体術の研鑽と武器取りの世界【合気道本部道場町 植芝充央 監修】★


スポンサー広告



ボクシングに関する悩み、ご相談があれば何でも話して下さい。
僕が出来る範囲の事なら、何でもお教えします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です